「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色 


前回の更新から早くもひと月が過ぎたようです、、するとまた広告が画面に入って来ました
広告は鬱陶しいですから記事を書きましょう、、、

内容は淡々と変わらずにわ廻りのいろいろで、とりとめもなく長く写真散文の羅列ですが
自身にとってはにわ季節の備忘録になって少しは役にも立ちそうです


桜が咲き終えてほどなくすると牡丹が咲きます
春のにわ廻りいろいろ

木蓮は昨年の強剪定がたたってしょぼしょぼ咲き
春のにわ廻りいろいろ

シランは知らない間に年々増えていっている気もします
春のにわ廻りいろいろ

いつぞにポット苗でもらったガーベラもしぶとくしょぼく毎年咲いて
春のにわ廻りいろいろ

ワタシがにわに従事してると、ボクらも近くで一緒にやってます、偵察してます的な、にゃんこ的素振りも変わりなく
春のにわ廻りいろいろ

またしばらくするとクレマチスが咲き始めます
春のにわ廻りいろいろ

地表を覆う繊細な小花時期はとうに過ぎ、存在感の大花季節が到来
春のにわ廻りいろいろ

洋物改良のジャーマンアイリスはちょっとエグくて
春のにわ廻りいろいろ

東アジア原産のあやめが楚々と見えるのは気のせいじゃない、と思うのもいつもと同じ
春のにわ廻りいろいろ

あやめがパパァ〜っと咲けば雨期が近いことを予感もします
春のにわ廻りいろいろ

紫陽花と共に水気がよく似合う花だと思います
春のにわ廻りいろいろ

ふと見上げれば樹上でピノちゃんは高みの見物中
春のにわ廻りいろいろ

朽ち木に1センチ強の真円穴を発見しました、、これはクマバチの巣ですね
春のにわ廻りいろいろ

ちょうど営巣中だったようで巣の下には木を掘り進めたおが屑が落ちていました
春のにわ廻りいろいろ
クマバチの洋名はCarpenter bee(大工蜂)です、、にわでは初見、こちら継続観測させていただきます

母からもらった西洋シャクナゲに初めて花が付きました、、真白に僅かな斑入りです
春のにわ廻りいろいろ

今現在は深紅のでっかなアマリリスが咲いて
春のにわ廻りいろいろ

筋入りのアマリリスも次々咲いているところ
春のにわ廻りいろいろ

そうこうしてると足元ではヒマ持てあましたフクちゃんが遊ぼう!と絡んでいます
春のにわ廻りいろいろ

この季節は草取りに剪定に、陽のある間はにわに居る時間が多くなります
春のにわ廻りいろいろ

労働と言えばそうなのですが、にわという定点観測が続いているとも言えます
基本毎年にわ景色は同じサイクルの繰り返しなのですが、新たな発見や出会いも多く飽きることはありません

しかもにわと言う自然が同じ事の繰り返し、そんな中にも凄みや含蓄が感じられるようになって来た気もします
ものの見え方感じ方は主観によりますが、その主観も過ごした年月や経験で左右していつまでも揺らぎます


(Olympus E-5 E-PL6 ZD14-54mmF2.8-3.5II ED50mmF2.0Macro SUMMILUX25mmF1.4 SigmaApoMacro150mmF2.8)

にわ廻りの備忘録・ホトトギスとホウジャク 


にわ廻りの備忘録、、今回は飛んでるスズメガだらけです
むしが苦手お嫌いな方はご覧いただかない方がいいかもしれません

ということで


ホトトギスにホウジャク

秋深まってにわのホトトギスが咲き出すとやって来るのがスズメガの仲間ホウジャクたち

この季節ホトトギスはにわのあちこちで咲きますが

ホトトギスにホウジャク

↑のまとまり咲き一群に花蜜目当てのむし達は特に集まって来るようです

ハナバチや蝶々いろいろも飛びますが

ホトトギスにホウジャク

羽音ブンブン、ハチドリのように飛び回るホウジャク系が撮るにはやっぱり面白い

ホトトギスにホウジャク

日が高い日中に見かけることはなく、早朝や夕の薄暮になるとホバリングしつつ蜜を吸っています

ホトトギスにホウジャク

ただでも老眼起因の視力不安定によりピント合わせは数年前とは比較出来ない状態であって

しかも加齢と鍛錬不足による対動きモノ反応速度は全般に低下著しい

ホトトギスにホウジャク

その上光量の乏しい朝夕薄暮でのフレーミングとピント合わせですから、年々敷居が上がるホウジャク相手です

ちなみに↑はホシホウジャク↓のボディーが明るい方がヒメクロホウジャクですね

ホトトギスにホウジャク

さらにと言えば動きモノ飛びモノ大好き、ねこちゃんたちは虎視眈々

にゃんこ

カメラ構えるワタシの対象物に向かって全力でちょっかいを出して蹴散らしに来ます

飛びモノ相手には望遠マクロの150㎜レンズ装着です

ホトトギスにホウジャク

35ミリフォーマット換算で300㎜F2.8ということになる弩級望遠マクロのピントは紙の如き薄さであって

このレンズのオートフォーカスは激遅ですのでマニュアルでピントを追うことになります

ホトトギスにホウジャク

ホトトギスの廻りを集中しホウジャク狙って巨砲的長玉マクロ覗きつつ動き回っていると

ホトトギスにホウジャク

うっすら汗ばんで、ハンターな気分です

ホトトギスの花が終わる頃には飛びモノもいなくなって、やがて冬

にゃんこ

外遊びの季節を終えたねこちゃん達もこたつで丸くなって動きを止める、、そんな季節になります


(OlympusE-5 SigmaApoMacro150mmF2.8 LeicaSUMMILUX25mmF1.4)

10月にわ廻りの備忘録 


気がつけば10月も半ばを過ぎて秋も深まり
とくに何事かがあるということもない日々平々凡々、ということでにわ廻り10月の備忘録

10月、まずは金木犀の充満した香りから始まって

10月にわの備忘録

数本植わった大きな金木犀の落とした花がらで地面は橙色


種から育てたコスモスやサルビア等々、うちのにわらしくしょぼめに花を付け続けますが

10月にわの備忘録

この秋の日照は特別少なくどれもこれもがヒョロッと気味です


秋茗荷の収穫も終わりました

10月にわの備忘録

実際はこの倍量ほど採れましたが今年の収穫は少なめ、、やはり低日照に低気温が響いたでしょうか


夏野菜もいいかげん終わり、ですがまだ細々と採れてもいて

10月にわの備忘録

例年ゴーヤ等は採れすぎて難儀しますが、今年は一気に実ることなく細く長くポツポツと今もゆるく実る、そんな年


相方はドングリやらなにやら等々にわのあちこちで拾ってきては天日干しを繰り返し

10月にわの備忘録

それらはこれから草木染めの材料になるのだそうです


おっきなバラも秋に入るとポンポンと

10月にわの備忘録

一鉢だけのおっきなバラは春に咲き秋に咲き、シーズン終えるとひと抱えほどのドライフラワーが残ります


繁殖旺盛なハゼランはあちらこちらで飛び火咲き

10月にわの備忘録

「三時草」と言われているのは午後3時頃いなってひっそり花を開かせるから
「夕化粧」とも呼ばれるオシロイバナは午後4時頃になると開花、、植物の生活習慣もやっぱり多様です


うちのにわで言うところの秋花ランドマークはホトトギスでしょう

10月にわの備忘録

群生した姿はにわの浮島のよう


背が低く濃いピンクと背が高く薄いピンクの2種が秋深まる頃に咲いて

10月にわの備忘録

咲き切ってしおれ始める頃にはもう冬が来ています


きっと美味しい蜜なんです

10月にわの備忘録

ホトトギスにはサンゴ行き交う小魚よろしく蝶やハナバチやホウジャクが蜜を求めていつも飛び回ってます


この秋はここまで雨空曇り空ばかりでしたが

10月にわの備忘録

うまい具合に満月の夜はちょうど雲が抜けていました


にゃんこ達はというと

10月にわの備忘録

気持ちのいい場所を見つけては寝こけ、、たまに蝶を追ってみたりの相変わらずぶりですが

気温が下がって少し肌寒くなって来たこの頃は
ヒト膝を所望しそこでまあるくなっていることも増えました

かれらの秋の俄然食欲増し増し現象も例年通り
それぞれが脂肪を蓄えた冬仕様モードになりつつあって、皆ふくっとまあるくなっています


(E-5 SigmaApoMacro150mmF2.8 ED50mmF2.0Macro ED50-200mmF2.8-3.5 ZD14-54mmF2.8-3.5II)

ニイニイゼミの羽化 


夏ですね!にわのむし達もいまやまっ盛りということで今回は昆虫モノです
むしが苦手な方もおられることと存じますが失礼いたします

(ホントにお嫌いな方は見ないでネ)


ということで、、ひと月前ごろのにわ先で見つけたニイニイゼミの羽化です

ニイニイゼミは6月下旬から7月にかけてと早めに登場する小型のセミで
体長2.5センチ程度、鳴き声は「チー…ジー…」の繰り返し、とくに朝夕よく聞こえてきます

ニイニイゼミの羽化

幼虫は全身泥をかぶっている質感ですからニイニイゼミとすぐに特定出来ます

夕方5時30分頃です、背中がパカンと割れて羽化が始まりました

ニイニイゼミの羽化

にわ先での様子はこんな感じ、、地上10センチ位でしょうか

ニイニイゼミの羽化

比較的低いところを好んで羽化するのもニイニイゼミの特長です

実際は結構小さいですよ、、幼虫の体長が実測で1.5センチです

ニイニイゼミの羽化

この辺りまで出てくるのに10分ほど

このあとググッと反り返るように出て来て落っこちちゃいそうに見えるのですが

ニイニイゼミの羽化

ぐい〜んと起き上がって来ます、、ここまでで30分〜40分ほどですね

ニイニイゼミの羽化

ここから縮まっていた羽根をゆっくり伸ばしていって

ニイニイゼミの羽化

伸びた羽根が乾いて固まって、各部が機能して来るまでじっくり待ちます

ニイニイゼミの羽化

↑の写真データを見ると午後7時半すぎですので羽化開始から2時間強位です


たまたま撮りやすい位置でセミ羽化を見つけたので自動連続撮影用に一台カメラを設置したのですが

ニイニイゼミの羽化

まあとにかくうちのにゃんこたちにとってはセミの羽化なんて格好の遊び相手ですから

ニイニイゼミの羽化

隙あらばと虎視眈々狙ってくるワケで

ニイニイゼミの羽化

自動撮影にしたものの羽化セミをガードする為、まるで気が抜けませんでしたよ


ということで
撮影中やっぱりにゃんこ達に三脚蹴られたり、日が暮れて光源途中で設置したり
ピント抜けにフレームアウトと、、、どうにもうまくありませんが

羽化の様子を繋げてパラパラ動画にしましたので、よかったらご覧下さい





まあね、学術研究でもなく単なる観察遊びなんですからこんなもんで十分です (^^ )


(写真Olympus E-5/E-PL6/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8/ED 50mm F2.0 Macro)

にわ廻りの5月半ば過ぎ 


春先から雨降り以外の昼間はなにかとあって毎日にわで過ごしています

草取りに花がら摘みに枝木を落とす作業に各種それぞれの観察と、、そう言ってはなんですが春は忙しいんです (^^ )

にわ廻りのこの頃

カシワバアジサイの花も開きはじめました、、季節は動いてもうすぐ梅雨なんですね

にわ廻りのこの頃

売れ残り球根を植えた新種のムスカリに花が付き、カタチが面白いので窓辺でバック飛ばして撮ってみます

にわ廻りのこの頃

花終わりで萎れたカタチも面白く、、海の生き物かな?

にわ廻りのこの頃

と、開け放った窓から蝶がひらり入ってきて

にわ廻りのこの頃

羽模様を見るとどうやらサトキマダラヒカゲのようです

にわ廻りのこの頃

鬱蒼とした雑木林を好む蝶ですから天気のいい今日あたりは日陰を求めて部屋に入ったのかもしれません

蝶々も勝手が違って焦っている様子で迷惑でしょうが、丁度手元に望遠マクロ付けたカメラも握っていたことですし
、、少しの間モデルになってもらいましょう

にわ廻りのこの頃

うまいこと窓ガラスに姿が映り込んで面白い効果が出ましたね

それにしてもまだ傷ひとつ無く鱗粉の欠けもありません、、とても美しい質感です

にわ廻りのこの頃

う〜ん、キミはとてもいいモデルさんだ。よく来てくれたね、、、そう声がけしておきましたよ (^^ )

にわ廻りのこの頃

と、春が来たと思ったらあれよ生きもの全開のシーズン突入で、、またマクロレンズ遊びの季節が来ました

にわも準備万端で今はどこもかしこもでパンジーが花盛りで

にわ廻りのこの頃

いつでもどうぞとツマグロヒョウモン沢山の飛来を待っております
(ツマグロヒョウモンはスミレ系のパンジーを食草として好むので産卵に寄って来ます)

なにしろ蝶やハチやアブが飛んでバッタやカマキリがたくさん集まるように作っているにわなのですから

にわ廻りのこの頃

このシーズンも秋終わりまで存分にワタシタチを遊ばせてくれることでしょう

そんなにわ作業一部始終を眺めているのが好きなふくちゃんですが

にわ廻りのこの頃

この日はポカポカ陽気の中、梅の樹上で座ったまんまずっとバランス取って寝てました

相変わらずですが、じつに長閑なにわ空気です


(写真/E-5/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4/ED 50mm F2.0 Macro/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8)