「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

ラオスへ向かうと思う 


バンコクまでのフライトチケットは手元にありますがその先の行程は自由です
予定を立てるとこなすのもメンドクサイですし、このスタイルが楽なんです

でも今回はなんとなくラオスへ向かうんだと思います

ノンキャウ

「なんにもない」と旅人に言われ続けていることで有名なラオスですが
その潔いなんにも無さっぷりがイイのでしょうか?、、いつも軽く惹かれてしまいます

ノンキャウ

ラオスは5年前に旅してますが国全部が田舎風情で
他の東南アジア周辺国が軒並み激しく経済発展をしてしまった中

いまだにかろうじて残っている、、、そんな印象でした

ノンキャウ

エネルギッシュな街乗りよりも今はどっぷり田舎な気分です

ノンキャウ

メコンの流れる河辺であの止まったような時間を再び感じられたらいいもんだ
そう思っています、、でわでわ!

[旅先でもwifiは飛んでると思いますがブログ更新は気分でね、書きたくなったら、、アップします (^^ )]

(写真/LUMIX DMC-GH1/LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8)

夢想旅終えて 


再びザックを背負って旅に出たいが昂じて夢想回想の旅を続けて来ましたが
それもとりあえず終えることが出来そうです

バーダーミ

2011年初頭このインド旅でワタシタチの彷徨は止まりました

バーダーミ

旅を終えて帰国するとまもなく大震災があり、しばらくして今度は不意の病をワタシが被り完全にダウン

バーダーミ

まったく思いもよらなかったことで長いブランクとなりましたが

次にもしまた出掛けられるのならば、、やはりインドから、、、

バーダーミ

そう思い込んで彼のるつぼにふたたび身を置くことをずっと思ってきました

バーダーミ

しかし考えるにインドは比較的高いスキルが要求されるお土地柄
健康で強い体躯に旅勘が備わっていれば問題ないのですが、、いまやそれは望むべくも無い

バーダーミ

とすれば慌てることもないでしょう
ワンクッション入れてまずは旅に体を慣らすことから始めて次のインド行に備えます

ということでとりあえずバンコクへ向けフライトです

バンコク

そこから大河メコンが横たわる大いなる田舎、ラオスへ向かってみようかと

ラオス

にしてもあとわずかでザックを背負ったパッカー旅に再び出られるのかと思うと
久しぶりにキュッと身が引き締まるのを感じます、、 (^^ )

(写真/LUMIX DMC-GH1/LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8)

南房小旅・4 

南房白浜1

まだ暗い早朝に起き出してみても空には雲が多い、これでは日の出は望めないだろう
昨日吹いていた強い風は収まったがやはり早朝は相当寒いのだ

しっかり着込んで白浜灯台まわり朝散歩
重なりあった雲の間から薄日が差し込んできた
なかなか微妙な色あいである、やはりこの時間帯の光線は天候によらず面白い

南房白浜2

久しぶりに家から出てグッスリ寝てみれば、これだけで気分爽快なのである。

真冬の車中泊なんて、、、
それはそれはお寒いでしょう、、、そう心配して下さる方もあるが
フラット荷室にピッタリ布団を敷きつめて膨らんだモコモコ羽毛シュラフで十分暖かいし熟睡も出来る
車種がワンボックスでもミニバンでもなく普通車高ワゴンなので車内が広過ぎず熱効率も良い
相方とワタシ二人分の体温で車内がほんわか暖まってきたりもする、体温暖房である・笑

南房白浜3

山旅などでテント泊を経験されている方なら車中泊がテント泊より
楽ちんで安心感があって機能的にも優れていることをすぐ理解されると思う
冬は装備が適切であれば全てが凍りつくような場所で車に泊まってもまったく問題無い
(ただしエンジンかけっぱなしでヒーター入れっぱなしなんてのは絶対ダメよ
 凍結で空気の逃げ道が目張りされて二酸化炭素中毒ですよ、車は止めたらエンジンを切るが吉)

車中泊でのキツイ季節はじつは真夏なのである、暑さは防ぎようが無いし虫も多くて困る
そんな時期はカラッとした高原や高地に逃げるしかなくなる

何度も来ているが前回来てからはずいぶん時を経て訪れた房総最南端白浜灯台
あまり変わっていない印象にホッとしつつあたりを見ると早朝散歩を楽しむ人が増えている
今日は日曜日、賑やかになりそうである

(写真1.2枚目/Olympus E-3/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4)
(写真3枚目/LUMIX DMC-GH1/G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8)

南房小旅・3 

南房小旅1

金谷港から房総南端の館山までたいした距離ではない、すぐに着く
今回もいつもに習ってあまり動かず館山、白浜、千倉辺りでぼんやり過ごそうと思っていたら
みるみる夕暮れ時、まだ日は短い

風がビュービュー波が荒くてそれもなかなかいい感じ、潮風ビュービュー

南房小旅2

遠く富士山も見える
房総半島と住まう三浦半島は大小あれども隣に並ぶ似た半島
景色だって似たようなもので然るべし、けれどやっぱりどこか違って見えたりする

南房小旅3

夕暮れ時にゆらゆらといくつか良さそげな海岸ポイントを訪ねていたら
太陽はすっかり沈んで空は具合良くグラデーションとなっていた

次の日の早朝は白浜の岬を散歩して朝陽でも見ますか、ということで
白浜灯台辺りの駐車場でご就寝準備に取りかかる
起きてすぐ最高のタイミングで景色に向かうことが出来る便利な立地

同じようなことを考える人はやはりいて数台のキャンピングカーとワゴン車
道の駅でもないただの公営駐車場に各地からの車中泊組が沢山、、、
少し前では無かったことですね、車中泊本がいくつも書店に並ぶという今はブーム

南房小旅4

とはいえ波の音を間近に聞き漁船の臨場感を味わいライトアップされた灯台を眺めつつ寝る
ぬくぬくの宿もいいけれどシュラフでモコモコの車中も楽しいもの

翌朝朝散歩をされている車中泊組いく人かと言葉を交わす
「あんまり雪が今年は多すぎて嫌になって雪の無い所で数日リフレッシュに逃げてきた~」
というのは秋田県からの農家の方
「温泉博士」という温泉クーポンが付録に付いたなかなかの旅マニア雑誌を握りしめ
全国津々浦々毎月のように温泉を攻め続けていらっしゃるリタイヤ組ご夫婦等々

みなさん自由なカタチで旅を楽しまれている、、ナイスです

(写真1.2枚目/LUMIX DMC-GH1/G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8)
(写真3.4枚目/Olympus E-3/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4)

南房小旅・1 


忘れた頃に更新いたします <(_ _)>
真冬、相も変わらずさぶ~い日が続いております、、、
日本の冬、寒いっす、真夏のへばる程の暑さが今はとても信じられません、、、

じつはこの数年いちばん寒いこの季節(1月半ばから2月半ば)と決めて日本を脱出しておりました
南方系バックパッカーは万国共通なのですがとても寒さを嫌います
彼ら彼女達の理想は年中果物が辺りで生っているような気候なのですが
ともかく少しでも暖かいところに移動しカラダを緩めて過ごしたく思う習性があります

南房小旅1

たとえばワタシタチのホームグラウンドであるインドでは
大地が耐え難き灼熱に覆われる暑季にはヒマラヤ山岳地方のダージリンやマナリやラダックに逃げ
山がいよいよ寒くなってくる乾期なるとゴアやコバーラムの南方ビーチに下りてきて
ほどよい暑さのクリスマスや年末を迎えるというのが長旅さんの定番だったように思います

ともかくそんなわけでワタシタチもこの数年少しでも温かくと思いパッカー道の慣例に従い
厳冬ニッポンから逃げて南アジアや東南アジアで縮んだカラダを伸ばしていたのですが
今年はワタシの体調がいまだ海外旅までは許してくれず、、、
かといってコタツから出られず過ごすのにも耐えられず、せめて国内旅定番のお気楽車中泊旅と思ってはみても
日本各地の低温を見ればこの寒さの中では、、ウゥッ、とどうも腰が重くなる、、、

このままではワタシはくさってしまう~、、嗚呼、、、とボヤキ
いまだツボミの膨らんでこない庭の梅の木なんぞをボンヤリ眺めていると
「ココと同等くらいに暖かいのは房総なんじゃない、なんかお花も咲いてそうだしさ」
なんてことを軽く相方が言ってくれるのでササッと思い立って出かけてみました、千葉県南房です

家から車で15分弱で久里浜港、素晴らしいアクセス、まさにお気軽イッシシ (^O^)
東京湾フェリーに乗ります。少しの時間でも船旅のトリップ感はイイですね
対岸に三浦半島久里浜の火力発電所がどんどん小さくなっていきます

南房小旅2

風は強かったですが空は青く海も蒼くカモメも飛んで
休日の土曜日だったせいか程よく乗った乗客達もデッキに出て40分の船旅を楽しんでおりました

子供の頃からこの路線東京湾フェリーには何回も乗っています
自転車を積み、オートバイを積み、車を積んでは海を渡り房総側の金谷港に降り立ちました

南房小旅3

ですから金谷港という響きは特別でずっと以前から定番房総小旅の始点であって終点なのでした
いつも旅はワクワクしながらここから始まり
ひと旅終え陽にさらされ火照りつつ旅の余韻を静かに締めくくるのも金谷港です

今回はたった数日間の予定ではありますがちっちゃくホームからの脱出
それでも荷室を寝室仕様に仕立てシュラフを積んだ車で出かければもう意気揚々なのです
新規導入したちょっと旧型Olympus E-3のテストにもいい機会です \(^-^)/

(写真1枚目/Olympus E-3/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4)
(写真2.3枚目/LUMIX DMC-GH1/G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8)