「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

インドビザ奪取せり 


何はなくともインド旅ではまず必須、ビザ取りなのです

新インドビザ申請センターのある都営地下鉄三田駅から地上に出ると日本電気本社ビルがそそり立っていました
久しぶりの都内でお上りさん気分、、それにしてもいい天気です

インドビザ奪取

5分10分歩いてちょっと懐かしげな雰囲気のこの路地を見つけて左に入れば新インドビザ申請センターです

インドビザ奪取

わかりやすい看板が出ているわけもなく

インドビザ奪取

見ると窓ガラスにインドビザ発給センターと張り紙があってまずはここで場所に間違いがないことを確認します

インドビザ奪取

ビザ=査証、、、「渡航するその者が入国するに相応しい人物かどうかを身元審査するものである」

観光ビザ免除の国も多くある中、インドの旅はもうず〜っと長いことビザは必須

以前は九段下にあるインド大使館でビザの発給がされていました
インド旅前はとりあえず九段下へということでしたが、ビザの発給業務が大使館から出て茗荷谷に移り
そして数年したら今度は三田に新ビザセンターを構えたということなんです

センターの中へ入るとビザ申請書作成のためのコンピューターがずらっと並んでいて
インドビザ奪取

この奥がビザ申請所となっていますが撮影禁止のマークが見えたのでカメラは仕舞っておきます
目立った動きをして「入国に相応しくない者」とされては困ります、、相手はインド、なめてはいけません

付加価値サービスと張り紙、、なんのことはないミスがあったら小まめにお金を徴収しますよ〜、とのこと
インドビザ奪取

インドのビザ収得は難易度が相当高い、、今どきはネットを見れば経験談がごっそり出て来ます
旧式の手書き書式から現在のコンピューター書式になってより複雑にメンドクサクなってしまったあたりが
すでにとってもインドらしいです

今回実際にウェブ上の総英文申請書にフォーム担当の相方が打ち込みプリントアウトまで作業しましたが
ビザ申請書そのものが非常に長く、数枚に渡りあれこれ仔細に聞いてくる

しかも記載に間違いがあれば申請時に指摘され、書面は1からすべて作り直し「例外は認めない」となる

はたして申請現場では「1から作り直しの令」を受け、それはあんまりだと食い下がるも受け入れられずに
はじき返されてしまう、そんな方々を目の前で何人も見ました、、、

そんな時のための入り口にずらっと並んだコンピューターですね
しっかり課金されつつも長い書面を1からタイプ、、しかも場合によっては受理されず出直しと相成るわけです

インドビザ奪取

インド相手でココロして準備してきたつもりのワタシタチはどうだったかと言うと、、、

2人揃って申請書から証明写真をビリッと剥がされ「撮り直しの令」となりました (^_^)
十分に注意を払ったつもりでしたが写真の背景が完全にまっ白じゃなきゃイケナイらしいのです

申請所にはインドビザ申請仕様に調整された撮影機が置いてあります、初めから↑を使うのが無難かもしれません

インドビザ奪取

なんとか無事申請を終えて外に出ると東京タワーが思いのほか近くに見えたのでぼちぼち歩いてみました

インドビザ奪取

長年に渡るインドビザ取りで九段下のインド大使館といえばいつもそこに千鳥ヶ淵の桜並木がありました
場所が変わって三田のビザセンター近くには見上げれば東京タワー、、これもまたイイのではないでしょうか

インドビザ奪取

インドビザ申請センターには、、諸手を挙げてインドへウエルカム!当然そんな雰囲気はあるはずも無く
「あなたがもし我が国へ来たいと言うのならまずはここを乗り越えなさい」、、とのシャープなメッセージ

否が応にも気が引き締まってくると言うものです

インドビザ奪取

もう少し歩いてみると徳川家の菩提寺でもある芝の増上寺に出ました
東京タワーとのコントラストが素晴らしいですね、、ビザ申請兼ねていい散歩になりました

後日ビザのシールが貼られたパスポートが返送されて来ました、、無事インドビザGETです

これで2週間後にはほぼ確実にあのカルカッタに再び立っていることになる、、そう思うと
俄然下っ腹がキュ〜ンとしてきます、、楽しみでもあるが恐くもある、、、あのよく知った感覚です


(写真/E-PL6/G14.0 mm F2.5/ZD 11-22mm F2.8-3.5)

年はじめの展覧会 


年はじめの展覧会「第10回堀文子教室同窓会展」

例年通り銀座の柴田悦子画廊に小作品持参で集合

堀文子同窓会展2016

展示作業を進めつつ

手慣れた感じで持ち込み手料理とお総菜をセッティング

堀文子教室同窓会展2016

上等なお酒いろいろも届けられつつ

堀文子教室同窓会展2016

なにはともあれ「乾杯!」

堀文子教室同窓会展2016

美大卒業後の約30年〜45年経た面構えとはいかばかりかと

堀文子教室同窓会展2016

ながめて見るもそれがやはりなかなかに個性的でまたそれぞれに趣を深めた感もあり

やっぱり美大卒の集まりなのよの〜と、妙に感心してしまいました

堀文子教室同窓会展2016


「第10回・多摩美術大学日本画科・堀文子教室同窓展」開催中です

会期は1月10日(日)から1月16日(土)まで
会場は「柴田悦子画廊」東京都中央区銀座1-5-1第3太陽ビル2F


(写真/E-PL6/G14.0 mm F2.5)

湘南組納涼会議 


湘南界隈で制作する絵描き仲間たちの納涼会議に出かけました

往路ドライバー兼本日の料理番がせっせと持ち込み料理を作りつつ

13.8.19湘南組納涼会議 1

ほか我が家から向かう組は一足先に軽く一杯やりながらのパッキングです

R134を一路西へ、、、夕のいい時間に

13.8.19湘南組納涼会議 2

夏真っ盛りの湘南海景色を眺めつつ大磯の画伯宅へと車を走らせます

画伯宅の納涼会場に到着すると、、すでに宴は始まっていました

13.8.19湘南組納涼会議 3

この会恒例持ち込み料理もびっちり並びます

離乳食が始まったばかりの子猫たちも一緒 ♡

13.8.19湘南組納涼会議 4

いわゆる湘南組、、、
「麒麟展」「三靑会」「漣の会」と名前を変えつつも展覧会を続けて来た絵描き仲間たち

13.8.19湘南組納涼会議 5

それも自然増殖して今では美大生から経験豊富な五十代後半まで、、、なかなかのジェネレーション幅です

ただ長年続けていたら、いつの間に「下は上を見て考える、または育つ」そんな場が出来ていました

13.8.19湘南組納涼会議 6

たまに会ってもみな絵描きというちょっと変わった仕事の同業者同士

今回もココロは弛緩し会議の議題も忘れ夜更けまでのお喋りは続きました

13.8.19湘南組納涼会議 7

宴も明け、朝方自宅に戻るとやっぱり月下美人が咲き切っていました
たまに出かけると、、どうもこのパターンです

またも月下美人は残念でしたが、、真夏を彩るいい宴でした

(写真/E-PL3/G14.0 mm F2.5/G20mmF1.7/E-5/ZD11-22mm F2.8-3.5)

絵描き仲間キャンプ 


恒例の絵描き仲間キャンプです、今年も相模川沿いのサイトに集まって

湘南組キャンプ

それぞれ小型のテントを立て終えたら

炭火をおこして

湘南組キャンプ

近くで求めた地産長ネギをおもむろドサッと焼いて

湘南組キャンプ

トロ〜リ甘くなったところを各自1本食いしたら宴会のはじまり

湘南組キャンプ

夜半まで焼いては食ってひたすらお喋りが続きます

湘南組キャンプ

気心の知れた30年級の付き合いであるからにして

安心しきって弛緩した時もするりと過ぎ、、、気がつけば翌日の夕方になっていました、、、

湘南組キャンプ

十代後半に築いた師弟関係が色濃く今に続くとはその当時誰も思わなかったに違いありません

例によっての二日酔い、、、かつ延々続くおしゃべりに忙しく好物の虫撮りどころではなかったけれど

撤収間際にテントについたフタスジモンカゲロウを1枚、、パシャリ

湘南組キャンプ

触覚に見える黒い2本は実は前足なんだよ、面白いよね〜 (^^ )

といいつつキャンプの宴はお開き
また次の機会を楽しみに、皆それぞれの場所へと戻っていきました

(写真/E-3/E-PL3/G14.0 mm F2.5/ZD11-22mm F2.8-3.5/ED 50mm F2.0 Macro)