「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

夢想は続くよ・ダージリン 


コルカタから入国して数日旅に体を慣らしたら、久しぶりにチベット文化圏に入るのもいいですね
とすると、、、手っ取り早くコルカタから北上して高度を上げればダージリンがあります

ダージリン

ダージリンというと紅茶の銘柄産地でとどろきますが、こちらもありますトイトレイン!

ダージリン

小っちゃな山岳蒸気機関車はヒマラヤの避暑地ダージリンの代名詞、みんなの人気者です

ダージリン

もしかするとこんなお祭りにまた出くわしてしまうのかもしれません

ダージリン

村人総出で広場に集まって、それはアットホームで可愛らしいフェスティバル

ダージリン

コルカタでざわついた心持ちをそっと冷ますには丁度いい、そんなホッとする土地柄です

チベット文化圏の標とも言えるタルチョも目に付き、パタパタと音を立てはためいています

ダージリン

タルチョの掛かるチベット文化圏が好きなんでしょうね、どうもいつも安心してしまうんです、、、

ダージリン

それからここはポイントです、犬が恐〜い地域が多々ある中でチベット圏の犬は人慣れします
長逗留して一時土地の住人となったとき、そこにワンコ友達がいたらどんなにココロ安らぐことでしょう

ここではそれも叶います
この旅ではこのコがお友達でした、、ワンコ好きとしては至福です (^^ )

ダージリン

ちょっと宿から出ると世界第3位の高峰カンチェンジュンガがこんな感じで眺められます 

ダージリン

標高8,586mを眺めつつ日々お気楽散歩というのもさりげなく凄みがあって良いです

山岳の街、フォトジェニック加減も申し分ありません

ダージリン

したらば待ったなし!ダージリンを目指してコルカタからずんずん北上、そうなりそうなものですが
コルカタからは「西にバラナシ、南にプリー」
シヴァとヴィシュヌの大聖地というインドの誇る大物ルートも控えます

さてさていかにすべきかな?、、、そうしてまた夢想旅は続くのです

(写真Olympus E-520/ED 14-42mm F3.5-5.6/ED 40-150mm F4.0-5.6/RICOH GRD2)