「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

絵描き仲間キャンプ 


先週のことになりますが、恒例の絵描き仲間キャンプがありました
ということで、こちらも備忘録として書いておきましょう

相模川水系支流の中津川です。解禁直後、鮎の友釣り師が並んでいます
絵描き仲間キャンプ

子供の頃からこの辺りは家族でピクニックに来たり、少し大きくなると単車走らせ遊びに来たり
絵描き仲間キャンプ

宮ヶ瀬の中津渓谷が丁度いい距離感だったんでしょうね、神奈川を出ずして旅感が味わえましたし
定点ポイントとして度々訪れていたのですからお気に入りだったのですが
それも急流に巨石ゴロタ石景観の中津渓谷が宮ヶ瀬ダム湖底に沈む前までという、、ノスタルジーなお話しです

絵描き仲間はポツポツと河川敷に集まるとまずは川遊び、この日は晴れて暑い日でした
絵描き仲間キャンプ

いつもの様に個人用テントも点々と張っておきましょう
絵描き仲間キャンプ

なんとなく準備が出来たら緩〜く宴が始まります、、うしろには故S額縁職人のモノだったテントも張られて
絵描き仲間キャンプ

この河川敷は焚き火が焚けるので知られていて、こんな無人薪販売車もあったりします
絵描き仲間キャンプ

夜になるとランタンの光に焚き火のはじける音に、、炭火焼きの匂い、、、
絵描き仲間キャンプ

持ち寄り料理を囲みつつ
絵描き仲間キャンプ

腸詰めを焼き
絵描き仲間キャンプ

牛を焼き鶏を焼き鹿を焼きワイルドに攻め、トルティーヤを頬張って
絵描き仲間キャンプ

止まることなく交わされる熟練の実にくだらない話しの数々をツマミにちびりちびりと杯を重ねれば夜も更けて
絵描き仲間キャンプ

一夜明けてみると広い河川敷は一面ディープ系キャンプ愛好家で埋まっていました
絵描き仲間キャンプ

この河原の盛況ぶり、ネットの力でしょうね、、、
ここも残された楽園のひとつですが、、規制大国ですからね〜、行く先を案じてしまいます

明けて晴天、タープ無し日陰ひとつ無い炎天下というのに、相変わらずもくだらない話しは延々続いて終わらず
絵描き仲間キャンプ

それでも陽が西に傾いた頃になって、パラパラとそれぞれの場所へと戻っていきました

にしても知らない間にそのまんま年を重ねて30年超、、長い付き合いになりました
気心しれて気兼ねなく、、しょうもない昔話を共有出来るのもイイものです (^^ )

(写真Olympus E-5/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD Olympus E-PL6 G20mmF1.7)

年が明けました 

新年のご挨拶

今年もどうぞよろしくお願いします


(Olympus E-5 ED12-60mmF2.8-4.0)

三浦海岸と金沢まつりの花火 


8月も今日で終わり、、夏が弱まり消えていきます

三浦海岸の花火です

三浦海岸花火大会

8月9日開催ですから少し前ですね、、実家の両親と共に観ました

三浦海岸花火大会

手前に建物が被ってますが、実家からの景色ということを特定出来てむしろイイのかなとも思います

三浦海岸花火大会

機材を少しばかり持ち込んで三脚2台をベランダに並べ、花火用のカメラ設定を済ませて

三浦海岸花火大会

レリーズ片手に花火撮影の基本であるBulb長秒撮影をやってみました

三浦海岸花火大会

今年もいくつか近隣の花火を観て回りましたが、三浦海岸の花火も良かったですね

三浦海岸花火大会

特に終盤に続けて上がったおっきなお花モチーフのような花火は特長もあってインパクトがありました

三浦海岸花火大会

水中花火は建物に遮られてしまいますが、、まあこれはこれで面白いでしょうか

作品にするわけじゃなし、あくまで遊び、、遊びはより自由です、好きなように楽しめればイイわけです

三浦海岸花火大会

ラストの大しだれは例年と同じくフレームアウトするほどのサイズで空を覆いましたし

三浦海岸花火大会

初の長秒撮影に挑んだ両親でしたが、、あんまりにも良く撮れていてワタシの方が驚いてしまいました (O_O)

ここからは金沢まつり花火大会ですね
この日はお仕事の絵画教室でしたので、花火用セッティングもなにも無く手持ちで適当気分

金沢まつり花火大会

アトリエを終えてのち徒歩至近の龍華寺の駐車場から観ました

手持ちで適当ですからクォリティはともかくとなりますが、状況描写としては面白いと思います

金沢まつり花火大会

金沢まつりの花火は例年8月最後半、ですから夏が終わる、、そんな寂しさがいつも付きまといます

金沢まつり花火大会

ああ、この夏も終わってしまった、、
子供の頃からずっと変わらないそんな感傷っていったいなんなんでしょうね、、、

ヒトも含めた生きものすべてが沸き返るお祭りの時期を終えて
またこれから終息の冬へと向かうんですよね、、もうすでに再生の春が待ち遠しい、そんな気分です (^^ )


(写真Olympus E-PL6/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD/LUMIX G VARIO 20mmF1.7)

久里浜ペリー祭花火大会 


久里浜の花火大会へ行って来ました

三浦半島久里浜と言えば教科書にも載るペリー艦隊上陸の地です

久里浜花火

ワタシタチにとっては東京湾フェリーが南房総と繋がる発着港ということになります

久里浜花火

住まいからも近く車で15分程ですが

久里浜花火

花火大会当日周辺はかなり混雑しますからスクーターで出掛けます

久里浜花火

30年来湘南界隈点々と花火鑑賞してきましたが会場入りはずっと変わらず単車

混雑にはフットワークが効いて、さらに目立たない為にも古ぼけてくすんだスクーターがベストなんです

久里浜花火

上空の風もちょうど良く流れて天候コンディションは上々

久里浜花火

やや小さめな感じですがほどほどテンポ良く打ち上がっていきます

久里浜花火

規模としては3500発程、数種のスターマインが久里浜花火の売りです

久里浜花火

たしかに横浜や都内方面で知られた花火大会と比べると

久里浜花火

小ぶりこぢんまり感は否めないのかもしれません

久里浜花火

ですが、、むしろその辺りでちょうど良いとも思えるのです
物量で比較する時代でもありませんしね

屋台の光が埋め尽くす海岸線は賑わう人々で埋まって、、旅先で出会いたい、そんな夏風景でした


(写真Olympus E-PL6/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD)

ちょろっとキャンプde梅ヶ島滝巡り 


さてさて、テキトウな間でもってのったり進んでますが、前回の続きです

安倍川最上流界隈の梅ヶ島キャンプ場から辺りを巡るとなると、、どうしても滝となります
なぁんにも無いもんだから滝でも観るかぁ〜、のラオス辺りとちょっと似た感じです

ということでまずは水量多く迫力自慢の赤水の滝から

梅ヶ島滝巡り

前回この滝廻りで良かったクリンソウの花はすでに終わりを迎えており

梅ヶ島滝巡り

辺り一面に植えられたクリスマスローズも花がらを残しているだけ

梅ヶ島滝巡り

花は端境期で乏しい、、ならば少し歩いてみるかと安倍の大滝目指すも吊り橋崩落のお知らせにて断念

梅ヶ島滝巡り

安倍の大滝は内緒ですけどねかなりイイんですよ、、3〜40分掛かる山道のアクセスも含めるとさらに評価アップ!
貧弱な吊り橋数本にハシゴ場、清流沿いの鬱蒼とした山道を抜けると落差85メートルの直爆が至近
たっぷり水しぶきを浴びるそのワイルドな展開は、どこぞのアミューズメントパークにも引けはとらないはず(^^ )

予定変更、林道の豊岡梅ヶ島線へ、、こちらも崩落でたびたび通行禁止なのですが今回はゲートが開いていて

梅ヶ島滝巡り

これはラッキーということで山梨県境の安倍峠を目指してみます

すぐに梅ヶ島七滝に数えられる鯉ヶ滝が現れます、、こちらは落差50mの渓流爆

梅ヶ島滝巡り

深山の趣のなか標高を上げると濃霧となって視界は乳白色、展望はまったく利かなくなりました

梅ヶ島滝巡り

安倍峠までたどり着いたもののガスはさらに濃度を増して昼なお暗く水墨画の世界なのでした

梅ヶ島滝巡り

そこに張られているのは「熊に注意」の駐在所速報
そりゃそうでしょう、いかにもな感じですもの、、、ここはヒトの威が通じてる場所ではありませんからね

梅ヶ島滝巡り

畏れを感じつつそそくさと下山します
この頃は山で遭遇定番の鹿、さらには猿とたびたび出会いつつ山を下ると

こちらも梅ヶ島七滝に数えられている三段の滝

梅ヶ島滝巡り

これで何度かこちらを訪れているうちに七滝の安倍川最奥部の五滝すでに訪問済み、とあいなりました

林道を下り終えると開湯1700年などとも言い伝えられている梅ヶ島温泉です

梅ヶ島滝巡り

深山幽谷が似合う佇まいで素朴な温泉宿数軒が川沿いに並んでいます
泉質は強アルカリ泉、美人の湯でも知られます


(写真/Olympus E-5/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD/ED50-200mm F2.8-3.5 )