「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

高原で見たムシ 


高原小旅、ウォーミングアップ旅で見たムシ編です

出掛けた場所が高原過ぎて標高高く気温も低く、すでにムシ達は多くありませんでしたが
それでもぼちぼち遊べました

緑色の金属光沢を持ったツノアオカメムシは赤い脚にオレンジの触角、大型の綺麗なカメムシ
高原で見たムシ
高地では普通種だそうですが平地に住むワタシは初見でした

全身銀の光沢色につつまれたマエキツトガ、なんの模様も無くシンプルかつソリッド
高原で見たムシ

高原に咲く秋の花にはハナバチやハナアブ
高原で見たムシ
↑はセイヨウミツバチ、↓はヒメヒラタアブでしょうか
高原で見たムシ
野アザミやマツムシソウは蜜や花粉を求めるムシ達の大好物
高原で見たムシ
広範囲を飛びながら蜜集めをしつつ受粉を助けるこやつらがいなかったら
高原で見たムシ
種子もつかなくなって花も咲かずにいずれその種は滅びます

蜜に誘われ沢山の獲物が集まる花々に狩人が居ないはずありませんね
高原で見たムシ
カニグモの一種がハナアブを捕らえたようです

それにしても眼の衰え甚だしくピントを合わせるにもひと苦労、、まあ加齢ですからしょうがありませんが
高原で見たムシ

↓はウンモンテントウ、山地に居るテントウムシだそうですが凝った意匠が素敵です、初見
高原で見たムシ

↓はウラギンスジヒョウモン、湿地周辺の草地に多い種だそうですが、近年減少著しいらしい
高原で見たムシ

↓しめしめ、、テングチョウ発見。そう思ったのですが調べてみると違いました、、ガなのだそうです
高原で見たムシ
イカリモンガ、、、昼行性で羽根を閉じて留まり触角も枝分かれせず細く、、それこそチョウそのものですが
いったい何をしてガと呼ばせるのでしょうね

いつも誰かに聞かれると
学者は分類が大好きだからチョウとガを分けているけれど本来的に違いは無く同じもので分ける必要もなく
そもそも図鑑を見ればガの方が圧倒的に種が多くチョウは僅か、だからガのほんの一部がチョウチョなんだよ

そんなふうに答えています

(写真/E-5/ED 50mm F2.0 Macro/1.4x Teleconverter/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8/FL-36)

高原小旅・八島ヶ原 車山湿原 


高原小旅、ウォーミングアップ旅ですから靴をトレッキングシューズに履き替え高原散歩

行き慣れた霧ヶ峰高原八島ヶ原湿原から歩いてみます

八島車山湿原

八島ヶ原湿原は高山植物で聞こえる高層湿原

八島車山湿原

八島ヶ原は成熟し歳を重ねた湿原ですから地糖などは少なく草原化していますがその分多様な植物が見られます

八島車山湿原

嬉しいことにマツムシソウが花盛りでした

八島車山湿原

美しいけれど食せば一撃イチコロのトリカブトも花盛り

八島車山湿原

湿原奥にあった鎌ヶ池キャンプ場は数年前に閉鎖されました

八島車山湿原

高層湿原すぐ脇でテントが張れて早朝から暮れまで湿原を楽しめて、夜には満天の星空が開けるという
希有なナイスビューロケーションだっただけに本当に残念です

八島車山湿原

八島ヶ原お隣の車山湿原では天気が変わりレインウェア羽織っての山歩きになりました

八島車山湿原

雨に煙った湿原の径を行きます

八島車山湿原

晴れもいいけど雨もイイ
しっとり濡れた緑がまた違った色を見せてくれて

八島車山湿原

木道沿いに咲く花も雨に濡れて小さく輝いて見えました

八島車山湿原

(写真/Olympus E-5/ZD 11-22mm F2.8-3.5/ED 50mm F2.0 Macro1.4x Teleconverter)

9月に入ったにわ廻り 


今年の夏はこのまますんなり終わって行きますか、、、

九月の庭まわり

暑過ぎるのもうんざりですが、終わる夏にまだ心持ちが出来ていなかったようです

事実コスモスの花は揺れて、足もと見ればタマスダレが群れて咲き

九月の庭まわり

ホトトギスが一番花を付ける頃には

九月の庭まわり

スズメガのホシホウジャクがやって来る

九月の庭まわり

近辺身近なモノがみんなして秋を告げていて、、、、なんのことはない、気が付けばいつもの秋はじめ

とはいえテキトウにやって勝手に育ってる菜園見ればまだ収穫もありそうだし

九月の庭まわり

この夏新たににわ切り開いてこさえた小径も馴染んで来て猫も廻ってる

九月の庭まわり

にわあそびはどんなに遊んでみても元々目標が無いので完成することは無く、終わりも無く、、 (^^ )


開花直前の挿し芽月下美人の鉢を見つけて

九月の庭まわり

久しぶりに部屋に持ち込み一夜の開花

九月の庭まわり

月下美人の甘く強い香りが部屋中に充満するも

数時間後に花をゆっくり閉じていき

九月の庭まわり

儚くその香りはすっかり消えて無くなります


(写真/E-5/ED 50mm F2.0 Macro/ZD 11-22mm F2.8-3.5/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4)

にわで見たムシ、、とか・August2 


めっきり暑さが引いて過ごしやすい日が続いていますが、気が付いてみると8月も最終日

この夏も山ほどのセミの抜け殻をにわで見て
庭で見たムシとか

抜け殻だけじゃなく中の詰まった変態場所探索徘徊中のコにも遭遇し
庭で見たムシとか

土から出てきて中には最後の変態間近で捕まってしまうのもいたり、、、それはもういろいろ
庭で見たムシとか

あれだけ大音量を誇ったアブラゼミ軍団もいつの間にかなりを潜めて
庭で見たムシとか

どこもかしこも混んでると踏んで出掛けず家周りでのどかに過ごす8月でした

うだる暑さの中ぼんやり樹液を眺め、、綺麗なんじゃないか?と疑ってみたり
庭で見たムシとか

夜にわパトロールでは白い綿状の蝋を纏ったアオバハゴロモの子供が
庭で見たムシとか

暗闇の葉裏でひっそり背を割り
庭で見たムシとか

変態出来たてホヤホヤの様を見て、、これも綺麗なんじゃないのか?と思ってみたり
庭で見たムシとか

月夜の晩に今シーズン何度か逃した月下美人の開花も目撃しつつ
庭で見たムシとか

パセリを壊滅させながらどんどん育つキアゲハ幼虫軍団、その成長を日々確かめていると
庭で見たムシとか

あるときキアゲハ幼虫軍団が一斉に消えるのはあんたら肉食バチがやたら徘徊してるからよねと
庭で見たムシとか
姿は恐いが見かけよりも攻撃性は弱いコガタスズメバチにぐいっと寄ってみる

パセリを育てると結果的にはハチが育つ、、、

ハチと言えばにわ廻りでもいろいろなカタチと職人技で営巣していて
庭で見たムシとか
↑は巨大な数年前の古巣に重ねてこの夏営巣したキイロスズメバチの小さな巣

この巣がいっこうに大きくなりません、、、

継続観察中ですが、、おそらくは女王バチが居ないんじゃないかと、、、
タマゴ産む繁殖主たる女王無くとも忠実に巣を守り管理し続ける、、悲しき習性の巣なんじゃないのかと?
働きバチが増えている様子も見られませんので、、きっとそうじゃないかと睨んでます

こんな実にどーでもいいことと共に8月を過ごして、また夏が終わっていきます

(写真/E-5/ED 50mm F2.0 Macro/1.4x Teleconverter/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8/FL-36)

にわで見たムシ・ August1 


絵描き仲間たちとのグループ展も無事終わって
また何ごともない日々に戻ってみたものの、世間は夏休みかつお盆休み間近という暦頃

にわで見たムシ

人が多いのは困るし道が混むのも困るので、、どこか出掛けるわけにもいきません
とするとしばらくにわで遊ぶしかないでしょうね、、、そゆことで「にわで見たムシ」8月編

今回はごく普通のおなじみもので

ベニシジミ、サイズは2㎝弱
にわで見たムシ
人家周りで最もよく見かけるチョウチョ、小さいけれど色鮮やかで目をひきます
↓よりもよく花に停まるので撮りやすいチョウチョです

こちらは上よりさらに多く見かけるヤマトシジミ、サイズはベニシジミより小さくて1.5㎝位
にわで見たムシ
いつでも地面すれすれをチロチロ飛んでる地味目のチョウチョ
どの土地にいてもこのチョウチョが視界に入っていると何故かワタシ安心してしまいます

↓はオオシオカラトンボ♀、サイズはシオカラトンボを立派にした感じで5~6㎝
にわで見たムシ
空中捕食者の雄、トンボの機能美は際立っています

↓が♂、シオカラトンボより水色が濃く黒も引き締まっています
にわで見たムシ
ちょっと薄暗い水辺が好みでいつも同じ場所に集まります

まだまだ小さいですが生まれたて2ヶ月前と比べたら大きく育って来ました
にわで見たムシ
オオカマキリの子供です、サイズは8月初め現在で5㎝強

カブトムシの♀です、小さめでしたがカブトムシがにわで見られるとは嬉しいですね
にわで見たムシ
好みの樹液を出す木はにわにありませんので近くに残る雑木林から迷い込んで来たのでしょう

にわのオンブバッタの数はさらに増え、花から葉っぱから草という草をひたすら食してます
にわで見たムシ
海でいえばイワシでしょうか、この数あってこそ他の上位捕食者が育ち種を残していけます

もうそろそろにわでも小さな♂が大きな♀に乗っかってオンブバッタの名の由来通りとなります
その姿はにわ真夏の風物なのですが、反面どこか秋も予見させます

盛夏は思いのほか短くなだらかに秋につながっていきます、その流れをにわムシが映します

(写真/E-5/ED 50mm F2.0 Macro/1.4x Teleconverter/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8/FL-36)