「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

信州広域小旅・part1 


夜明けの中央道飛ばして
信州小旅

とりあえず早朝の八ヶ岳PA
信州小旅

モルゲンロートに染まる甲斐駒拝んだら、、体を伸ばしてちょっと仮眠
信州小旅

むっくり起きて八ヶ岳PAベーカリー、朝の焼き上がりパンと淹れたコーヒーにて朝めし
信州小旅
ここの焼きたてベーカリー、うまかったんで2度買いしましたよ

朝八ヶ岳、、薄雲があるもののめっちゃいい天気
信州小旅

相変わらずルート方角無計画、いつも通りにバタバタ相方と出て来ましたが
塩尻辺りで中信かな〜南信か〜?となって、とりあえずは中信か〜、、で秋小旅はじまり

山取材で走り慣れた安曇野はどこ見ても秋景色でしたがどこへも向かうことなく
信州小旅

蕎麦屋を目指します

着きました
信州小旅

なんたってこの季節
信州小旅

旧美麻村蕎麦どころの新行
信州小旅

いつから来てたか忘れましたがずっと変わらない田舎のお蕎麦屋さん
信州小旅

水の如きさらさらと
信州小旅

飾らぬおいしい山の蕎麦、ぺろっといただきました
信州小旅

お蕎麦屋さんでおいしい水も汲ませていただいて
信州小旅

今日はもういいでしょう
信州小旅

爺が岳から白馬まで新雪付けてるのを確認して、明日を楽しみに今日は仕舞いです
信州小旅

で、ひとっ風呂浴びに紅葉の高瀬渓谷葛温泉
信州小旅

鄙び系風情漂う高瀬館
信州小旅

湯量豊富、すべての縁から温泉が溢れ流れています
信州小旅

50人位は入れそうな大きな露天風呂、こちらも滝のように湯が流れ出ていました
信州小旅

源泉掛け流し単純泉。源泉90度ですから加水ですね、それでもがっちり熱めの痺れるお湯でした

先日軽く出掛けてきた小旅の記録、少し続きます


(Olympus E-5 E-P6 ZD11-22mmF2.8-3.5 G20mm/F1.7 ZD14-54mmF2.8-3.5II)


旅回想[@2016]・マディアプラデッシュの神々 


前回のアジア旅から刻が経ってワタシの中の旅が切れて来てしまった上に
台風は来るし、この頃は選挙なんかがあるものだからさらにクサクサして来てしまって実に困ったものなのです

こんな時はせめて脳内だけでも彼の地へと飛んでしまいましょう
ということで、今回はワタシにしては珍しい神様ネタでいってみます

マディアプラデッシュの神々

インドを旅していると国名がヒンドゥーから来ている位ですから実に様々なヒンズーの神に触れることになります
とくに寺院や遺跡等に出向かずとも、ふらっとその土地を歩いていればどこでも神様が沢山なのです

土産物屋やちょっとした売店にもヒンズーの神が並んでいますし

マディアプラデッシュの神々

北インドでは下のようなポストカードや大判の印刷物がとてもポピュラー
若き横尾忠則がインドを旅して当時作風に影響を受けていたのもこのタイプの図案でしたね

マディアプラデッシュの神々

ちなみに上の神様はヴィシュヌ神
はるばる日本まで広まった仏教の開祖仏陀はこちらヴィシュヌ神の化身である
というのは、仏教の生まれ故郷インドでは定説であってよく知られたお話し
ですのでインディアにおけるヒンズーの民にとっては仏陀もヒンズー神その一部として考えられています

と、こう書きつつ今回書きたいのはヒンディー神様イロイロの考察などではなくて
前回2016年に巡ったマディアプラデッシュ州にて出会った神々のビジュアルについてなのです
インドは大変広く地方色豊かですので「美術人が見て楽しかった土地の神様」という感じでお伝えしたく思います

聖地オームカレシュワルの山のてっぺんに鎮座する金ピカ巨大シバ神です
マディアプラデッシュの神々
バラナシから喧騒を無くしたような山奥の美しい聖地にはシバ神が燦然とそびえ輝いていました

マヘーシュワルでもふと見ればヒンディー神様で、こちらはガネーシャ
マディアプラデッシュの神々
アートな雰囲気できまってます

オームカレシュワルの山上寺院にて祠に鎮座した神様です
マディアプラデッシュの神々

上の神様の前で日本で言う狛犬のような形で2体並んでいました
マディアプラデッシュの神々
獅子でしょうか?造形的にはのほほんとしてかなりユルさを醸し出していたように思います

同じくオームカレシュワルの巡礼路で見かけた神々です
マディアプラデッシュの神々
とても土着を帯びた雰囲気で、このあたりから自然石の造形を生かし見立てている事に気付き始めました

こちらの神様も自然石見立て系になりますでしょうか
マディアプラデッシュの神々
どこでも神事となると荘厳や精緻や神秘が付き物に思われますが、こちらは実にあっけらかんとして見えます

マヘーシュワルで出会ったガネーシャも素朴な見立て系に感じられましたが、いかがなものでしょう
マディアプラデッシュの神々

オームカレシュワルでのガネーシャ、もう造形として何とも言えず素敵
マディアプラデッシュの神々
プリミティブな感じがカッコイイです

こちらもガネーシャ(御存じかと思いますがガネーシャは象さんの形をした神様、日本で言う布袋様になります)
マディアプラデッシュの神々
ゆるくとろけるような造形です

マディアプラデッシュ州を旅して歩いて、出会う神々の特異さに気付き始めるともう楽しくて楽しくて
いつものインド旅以上に神様の姿を追い求めるようになってしまいました

ただインドでも旅人がかなり少なく旅人的に言えばマニアックな州となりますので
帰国後こちらの神々のいわれを調べようにもかなり情報が少なく検索かけてみてもほぼヒット無し
ですので今回は裏付けは無し、、添え文は単なるワタシの主観による感想文とお思い下さい

緻密を微塵も感じない大らかな神様造形はマヘーシュワルの散歩道での出会いです
マディアプラデッシュの神々
やりたい放題感があってどんどんのめり込んでしまいます

神々が祠に並んでおりましたが自然石見立ての原型のような風情です
マディアプラデッシュの神々
いわゆる荘厳神秘のセッティングでは無く、プリミティブかつゆるく明るくであると受けとめました

何も言うまい、、が、とても、かわいい、、、(神様に対して失礼に当たりますでしょうか、、)
マディアプラデッシュの神々
当然ですがヒンドゥーの民々は熱を帯びて拝んでいきます

もはや天真爛漫な自由さにLoveと言えます
マディアプラデッシュの神々

今回書きながらあらためてインドの奥行き懐の深さを感じずにはいられませんでした
旅人少なく荒涼とした、いにしえのデカン高原
マディアプラデッシュ州に再度入って私的調査を続行したくもなりました

おかげで日本に留まってこびり付いてくるクサクサ気分も少しだけですが晴れた気もしますし
相変わらずのベリーサンクスインディア、ということでまた次回


(Olympus E-5 E-P6 ZD11-22mmF2.8-3.5 ZD14-54mmF2.8-3.5II )

旅回想[@2016]・カーリー周辺から 

旅回想カーリー周辺

前回のアジア旅から刻が経って旅が切れて来たようです
日本に長いこと留まっていると何も背負っているわけじゃないのにどうもずっしり肩が重くなって来てしまう、、、
これは困ったことなのですが、実際そうなのですから仕方がありません

自身の中の旅が切れてくると、、このブログでは旅回想がはじまるというルーティーン
毎度のことではありますが、、どうやらまたその時期がやって来てしまったようです

ということですので、とりあえず、、、
2016年初頭のインド旅からとりとめなく回想切り出しいつもの駄文添えでいってみます


【コルカタのカーリー女神寺院周辺から】

旅回想カーリー周辺

コルカタのカーリー寺院周辺はどこにでもあるインド街風情といえばその通りなのですが
ここがやっぱり他と違うのはカーリー女神寺院があることに他ならないわけです

旅回想カーリー周辺

コルカタに数日過ごしてやることも無くなると毎回なんとなくやって来てしまうのがこの辺りでもあります

お布施をせがまれるのが見えてますので寺院には足を踏み入れません、、いつもただ辺りを歩くだけです

旅回想カーリー周辺

聖地らしく周辺はお花に溢れて

ただ目的もなく歩いているのですが、引っかかるなぁ〜というシーンが点在しています

旅回想カーリー周辺

参道には土産物屋が軒を連ねて神様グッズをはじめ安物の指輪に腕輪、子供のオモチャなんかを並べています

旅回想カーリー周辺

ヒカリが格別にイイんですよね、、写真撮り屋からすると堪えられませんね

旅回想カーリー周辺

ヒンズーの重要聖地ですからどこか背筋がゾワッとするような聖地感に溢れていますが

正邪混在がベースのヒンズー教らしく、邪を排除して全て清くまとめてしまおうということもありません 

旅回想カーリー周辺

排除することなく同在しているということはコントラストが際立つということでもあります

旅回想カーリー周辺

正も邪も聖も俗も清いも汚いもその他もろもろ皆コントラスト、、互いがあってこその存在です

その意味でいくとこの辺りはどこも深い闇にあふれています

旅回想カーリー周辺

灯りに照らされないダークがあってこそヒカリがより美しさを増して見えます

旅回想カーリー周辺

自身が映画のシーンに迷い込んだのではないかと錯覚することはインドを旅しているとよくあることなのですが

コルカタでのこの辺りは知る限り異界感がアタマひとつ抜けています

旅回想カーリー周辺

そぞろ歩いて雑貨屋をのぞき込んでも、、、
そこには味わいあるもの美的に優れたものが詰まっていると見えて来ます

旅回想カーリー周辺

インドの方々に言わせれば「そんなつもりも無いし、そんなはずは無い」そう言うのかもしれませんが

極東の島国からやって来た旅人の目にはいつもそう映ります

旅回想カーリー周辺

(OlympusE-5 ZD11-22mmF2.8-3.5 ZD14-54mmF2.8-3.5II)



画像資産は山とありますので「2016年の旅から」ということで続けてみるかもしれません
いつもどおり、気が向いたら、、ですけどね (^^ )

月下美人の開花祭り・2017 


10日ほど前になりますがにわの月下美人が咲きました、、一夜で合わせて12輪の乱れ咲きでした

月下美人開花

その日の夕前には首をもたげて膨らんだ蕾が

月下美人開花

にわに置かれた鉢株あちこちからぶら下がって

月下美人開花

どれも「発射ヨーイ!」しているようです (^^ ) 

月下美人開花

日も暮れた19時頃から咲き始め、月下美人の開花祭りが始まりました

月下美人開花

どの蕾もぴったり同じペースで開いていくんですが
その同調性はいったいどういう事だろうと?、、ずっと不思議に思っています

月下美人開花

たしかに株分けの大本マザー株はうちの場合同一ですからクローン株と言えるのですが

月下美人開花

だからって鉢はそれぞれ離れているわけで、、、

いつも同じ一晩限り、その日に何故揃って開花と選ぶのかと? そう思うのですが、、、いまだ謎です

月下美人開花

日本にある月下美人は全てメキシコの熱帯雨林原産の原種そのままが来たもの

月下美人開花

本来は着生植物ですから、大木の樹皮などに根を絡めて垂れ下がるように伸びていくのだそうです

月下美人開花

そこには花蜜や花粉を専門に食するヘラコウモリが飛び回っています

そのヘラコウモリが受粉を助けてくれるように、花はやや上を向き花粉もたっぷり付けているのだそうです

月下美人開花

月下美人の咲く晩はにわ中に漂う甘く強い芳香に包まれて

月下美人開花

コウモリ媒花である月下美人があちこちで揺れながら香りを放って大きな白花を咲かせてる

そんなメキシコ熱帯雨林の森ノ夜、、、

月下美人開花

思わず異世界を幻視してしまいそうな、、そんな花なのかなとも思います


(Olympus E-5 SUMMILUX25mmF1.4 ED50mmF2.0Macro ZD14-54mmF2.8-3.5II E-PL6)



動画には特にこだわりないのですが、ササッとタイムラプス動画も撮ってみました
13秒間、咲き始めから終わりまでの動きが判ります





にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し) 


にわ廻りの備忘録です
このところは暑くてまるでグダグダのボンヤリが続いて、そのまま流しちゃうとこでしたが
まれ〜に見返すとこれでも記憶の助けになったりするものです

初夏を知らせるアマリリスが今年はじつによく咲きました
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

アマリリスは真っ赤と筋入り、いただきもの2つの球根を株分けしていたらだんだん増えました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

こんなこともありました、、、例年のにわ作業で伸びきった草の刈り取りをしていると
やっぱり見つかりました、営巣初期のスズメバチの巣です

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
時期によっては草取りも注意深くすすめないと痛い目に遭うことになります

昨年はほぼ同じ場所で蔦をはぎ取っていて刺されました、、そこにフタモンアシナガバチの巣があったのです

草に隠れツツジに付いたトックリ形の巣、、コガタスズメバチ営巣初期の特徴的なカタチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

この状態のときはまだ女王蜂一匹のみで営巣中
この後働きバチが生まれるとトックリの筒状の部分が外されて、バレーボール大まで拡大
ちなみにトックリの筒部分はまだ働きバチ(兵隊バチ)を持たない女王蜂の外敵対応とされています

コガタスズメバチとは名ばかりで、個体によってオオスズメバチと同サイズの迫力ですが、性格はおとなしいです
なので営巣場所に問題なければ巣を見つけても「どうぞご勝手に」と放っておくのですが
この場所はにわ作業で刺激をあたえることも多くなりそうですので今回は撤去させてもらいました

ハチには数度刺され経験有りでアナフェラキシーショックも恐いです、、、


と、ここまで書いて、、今記事は淡々とお花並べてにわ備忘録をと用意していたのですが
ハチ話しで乗ってきてしまいましたので予定変更、、ハチ話しを続けてお花備忘録はまたの機会にします






ところで↓は上の巣のハチとは別種ですが、先日我が家に入り込んで来たヒメスズメバチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの「ヒメ」も名ばかりで最強オオスズメバチ同等サイズの迫力ですが性格は「とっても穏やか」です
なりはデカくともスズメバチ種で最もおとなしいともされてます

変にちょっかい出したり巣に攻撃等しなければ、まず怒って刺して来ることもありません
この時も迷い入って慌てている様子でしたが、撮影に付き合わされたあげく、しばらくしたら出ていきました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

↓は以前撮ったヒメスズメバチ営巣はじめの様子、トックリ状の筒は無く営巣初期の巣は下部開放型
ヒメスズメバチは見えにくい閉鎖空間に営巣しますから外敵の心配は少ない、という形状なのかもしれません

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの特徴として食性をアシナガバチのみに限定しているというのがあります
アシナガバチ達から見たら恐ろしい天敵ですが
それはまたヒメスズメバチからするとアシナガバチの居ないところでは生存出来ない、ということでもあります

うちのにわにはこの季節になるとアシナガバチがた〜くさん (^^ )
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

それはそうでしょう
チョウチョやハナバチで賑やかになるように、お花を咲かて彼らの食性に合わせた植物もいっぱい植わってます
主タンパク源となるイモムシ類(チョウやガの幼虫)を求めたアシナガバチがにわに集まるのです

アシナガバチの刺毒はスズメバチに準じて強いものの、性格はやはり総じて穏やか

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
ですから巣を作られてもヒトの生活上問題ない場所ならば「どうぞご勝手に」そうして放っておきます

昨年は目の利かない薄暮の中、疲労しつつ作業したワタシの注意散漫で
↓のかなり育った巣を刺激して刺されました、、とても腫れましたし、かな〜り痛かったです

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

で、こう書いてきて何か言いたいことがあるかというと、、そういうコトでもなくて

ただにわ管理人であるワタシはにわで遊び、相方の制作モチーフにもなりそうだということで
チョウチョやいろんな生きものを集めるためにお花も咲いてる、そんなにわをイメージしました

少しずつそれが実現してくると、チョウチョやいろんな生きものが卵を産んでイモムシがたくさん生まれ
するとイモムシは植わってるにわ植物を際限なく食べますから、花の咲くにわは弱ってしまいます
そこでイモムシ求めてにわに集まって来るアシナガバチ達の登場です


(ハチ等の画像はたいてい不評だったですね、この先はニャンコ画像で続けます、、脈絡はありませんが)

ふくちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

アシナガバチがイモムシを狩るおかげで、にわ花は壊滅せずに済んでいるとも言えますが
豊富なタンパク源を得たアシナガバチにあちこち営巣されると今度はヒト科のワタシタチが困ってしまいます
そこにアシナガバチ類の天敵である先ほどのヒメスズメバチが現れるのです

はなからビオトープ等の持つ自然な循環を思っていた、という事もありましたから
にわはそんなイメージに沿ってすすんでいます

ピノちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

つまり「ハチは刺すから恐い」刺されればアナフェラキシーショックで死んでしまうこともあると聞いてるし
だからといって、にわのハチを除外してしまったら、イモムシが大繁栄となって
きっと多くの植物が打撃を受けにわに花は咲かなくなって来ることでしょう

花の無いにわにはもうチョウチョも寄って来ません、、結局のところワタシタチはがっかりです

かっくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

そこで話しは飛んで「ヒアリ」です
ネットで大層話題だな、そう思って滅多に付けないテレビで確認するとどんだけ「ヒアリ」?という状態です
外来種をそのまま肯定する気もありませんが、いくらなんでも煽ってるようにしかワタシには見えません

「殺人アリ」とどこの見出しでも称しているようですが、、いったいどんだけの事なのか?
そのソース(情報源)等をいちど調べてみてもイイと思います、、ウソではないが大げさ、ワタシにはそう映ります

見出しは興味をそそってショッキングな方がイイ、、編集者の変わらぬ鉄則かもしれません

かたくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

殺アリ剤が急遽バカ売れというのも判らなくはありませんが、、どうして在来種と見分けられますでしょう?
都市部では関係無い話しかもしれませんがアリは大変優秀な有機分解者です
アリ=とても危ない→→→「アリを見たら殺アリ剤」、、、そう単純につながりそうで恐ろしい

またさらに、どんなとき「未知の生きもの驚異ネタ」や「疫病不安ネタ」がさかんに煽られているかと言えば、、、

なんでも好きに書くとおとがめもらって自由も取られちゃう、、そんな世になりつつありますので
わざわざ書いたりしませんが、、、

いったい、いかがなものでしょう

(Olympus E-5 ZD14-54mmF2.8-3.5II ED50mmF2.0Macro ED50-200mmF2.8-3.5 )