「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

回想・紅葉の秋旅 


本来ならばもういっちょ秋旅へと出掛けているはずでありましたが、、、
長引く相方のゲホゲホ風邪がとうとうワタシまで来て、やっぱりおんなじゲホゲホとなって

調子が悪いんじゃしょうがないと、あっさり旅は未決行となりました
山形 秋田辺り狙って、ぐるっと周遊のんびり旅の予定だったのですが、、、

そこですっかりいじけてクサクサしつつ、、以前の秋旅画像をパラパラと

回想秋旅

こちら北陸を巡った旅ですね、、立山辺り

画像データを見ると11月はじめの丁度今頃、使用カメラはOlympus E-300とあります

回想秋旅

E-300は今も手元に残りますが、ワタシがコンデジから一眼デジに移行した初号機ですね

立山の山懐は微妙に紅葉が終わり行く、そんな季節でした

例によってご当地メニューをまぐまぐ食しつつの旅です
回想秋旅
おろしの越前蕎麦は笏谷そば
回想秋旅
これは蓋が閉まらないなんてもんじゃ無いですね、、笑 福しんのソースカツ丼(大)

当時コダック社製のCCDセンサーを積んでいたOlympus Eシリーズはポジフィルム的な発色との評判でした

回想秋旅

たしかに記憶色に寄ったその発色はそう思わせるところがあって
青描写を「コダックブルー」や「オリンパスブルー」などと称してファンは喜んでいましたよね

滝見台園地にて 称名の滝辺りの紅葉風景が続きます
回想秋旅
落差350mは日本一です

あっさりよりもコッテリ、透明水彩より不透明のガッシュ、色筆でもうひと盛りしたような発色
ちょっと自然さに欠けるなぁ、そう思うもハマればハッとする絵をコダック画像素子ははき出しました

回想秋旅

難と言えばホワイトバランスのじゃじゃ馬ぶりが相当に酷く
オート設定等もはや信用ならず、当時のE-300使いは皆その都度手動設定をされていたことでしょう

今思えば、バランスよりも癖を楽しむこの機種はちょっと古い欧州車との付き合いにも似ていましたね

この旅は福井 石川 富山と北陸を巡りさらに紅葉求めて北信州へと入っていきました。戸隠山をかすめて
回想秋旅

そもそも数あるカメラメーカーからなんでOlympus?E-300だったの?そう問われてみたなら

その当時いちばん値頃感があって抜きん出て買いやすかったから、、と

黒姫山を映す野尻湖に至り
回想秋旅

当時まだ銀塩志向の残るワタシはデジカメをカメラでは無く家電ラインのものと思っていましたし

一眼レフ趣味は銀塩で終了。デジカメはコンデジで十分、以後は機動性を生かしてスナップで楽しみましょう

さらに紅葉は続きました
回想秋旅

そんなふうに思っていましたが

その頃に、ちょっと知られたデジカメ使いであるIKさんとの出会いがありまして、たびたびカメラ談義
あっさりとデジ一眼への扉を開けて下さいました m(_ _)m 

それから10年近くただの値頃感から選んだOlympus数機種を使い続けてしまい、あれよと今に至ります

(写真/Olympus E-300/ZD14-45mm F3.5-5.6/Canon A80)