「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

ルアンパパンの布売り 

ルアンパパンの布売り

ルアンパパンのナイトバザール、揃いの赤テントの下では延々手工芸の出店が品物を並べている
アジアは全般に染織、織物など布モノのレベルが高く、図柄、色、質感、その土地ならではの個性に溢れている
ここラオスの布も相当良いものがあるし個人的にはかなり好みのタイプでもあった

布は織物、刺繍物が多く図柄は幾何学模様や伝統紋様と様々、手の込んだものも多い
ラオスの布は落ちついた色調や華美に寄らないなんともシックな雰囲気が特徴なのかもしれない
それはラオスの土地そのものの雰囲気とも一致し、さもありなんと納得することになる

しかしというかやはり良いものは値が張るし簡単に手を出せるものでもない
ラオスといえども頑なな伝統手法は減少中であり
総天然草木染め総手織りの良布は少なくなり、合成染料ものが幅を利かせるようにもなってきた
そういったわけで経年使用味わいの増したアンティーク布はさらにさらにお高く、もはやただ眺めるのみになる
それでもこんな懐かしく優しい光の中ブラブラ布を見て歩くのはそれだけで楽しいし
少なくとも良いモノに触れて目の保養になってくれる、それで十分満足なのである

この地では家庭内手工業が生きているし元締め商売が確立されていないため小さな商いが大勢を占めている
まれに大きな商売を発見するとアメリカや欧州の資本が入っていたり、、、これはどこぞも一緒のことだ

それにしてもラオ人の商売っ気の無さったら、、、やる気、売る気などまるで無いと言ってしまってもいい
日本のように「なんつったって経済、そんでもって効率」みたいな国からやって来て
インドの様な強烈なキャラと押しの強さに慣れていたりするとここでは拍子抜けする事はなはだしい・笑

慣れているはずの値段交渉だって相手がすぐ引いてしまうし売れなきゃそれでイイのスタンスだから
どうにも調子が出ないのだし結局こちらの買い物欲に弾みがつく事だってない

しかしそれでいいのだなぁラオス、ここはお金を使って楽しむべきところではないのですから

(写真/LUMIX DMC-G1/LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6)

ルアンパパンのナイトバザール 

ルアンパパン夜景

このままインドの思い出話に浸っていると、とろけるようにずっとインド話が続いてしまう気もするので
いったん国替えでどこにしようかな~、と思いつつラオスに飛んでみる

懐かしい夏祭りのような、日も暮れかかり涼しげな川風が流れくる古都ルアンパパン

ラオスは東南アジア各国の中でいかにも地味であって、これといった名所も少なく聞こえてくる産業もない
ないないずくしの国との声も聞こえてくるのだが、それがあながち悪口にもなっていないようで

「なんにもなくてイイ処でした」「ああ~、きわめてノンビリしていたなぁ」「星が綺麗で虫の音が凄かったよぉ」
などなど嬉しそうに、ぼんやり懐かしむように旅人が語っていたりもする、、、なんか変なところなのである

ワタシタチとしてはインドほど気疲れすることもなく、距離ももうちょっと近く楽で、気分にもフィットしつつ
さらにココロから休めるような場所はないだろ~か?
そんな楽園探しプロジェクトの一環として白羽の矢が立ったのがラオス、そんな感じで歩いてきたのです

そこはメコンの川風の中に小さなあかりが灯る大きな村のような国、たしかにそんな感じなのでした

(写真/LUMIX DMC-G1/LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6)