「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

横須賀風景 


八月半ばといえばカンカン照りの夏真っ盛りなはずですが、ずっと雨続き

横須賀風景

例年だとマクロレンズ付けてにわのむしイロイロを喜んで追いかけまわしてる時期ですが
どうも今ひとつ写欲が湧きません

まあそんなこともあるでしょう、、、

横須賀風景

興味や熱なんて移ろうものです、そんなものは無理に追わずに放っておくに限ります

横須賀風景

任せておけばさらっと戻ってくることも、そのまま離れていくこともあるでしょう
しばらくして興味も楽しさも倍増でカムバック、なんて事もあるかもしれません

横須賀風景

で、今回は横須賀風景、、地元街ですな
小っちゃな白PEN単焦点一本付けを肩に提げ、気張らず歩いてみました

横須賀は基地の街、、この先のゲートが米軍基地(ベース)エントランスです
横須賀風景

基地を出てすぐ16号を渡ったところにあるのは老舗のHoney Bee(ハニービー}
横須賀風景

ここはヨコスカ、中古車屋さんだって$表示です
横須賀風景

どぶ板通りの有名老舗スカジャン屋さん
横須賀風景

どぶ板アンテナショップ兼インフォメーションセンターは閉まっていました
横須賀風景

路地裏に入り込んでみるのも面白そう
横須賀風景

しっとりと落ち着いたカフェがあったりもしますが
横須賀風景

やっぱり多いのはアメリカーンなBAR
横須賀風景

チラホラ見える日本的じゃないエグくて猥雑なセンスはパッカー旅人街の雰囲気も含んで
横須賀風景

スナップ散歩もなかなか楽しく
横須賀風景

極東の島国はいかがですか?、、なんて声がけしたくもなります

地元過ぎて慣れちゃってましたが旅人目線で見てみると、、面白いですね
三浦半島の寒村だった横須賀村があるとき国防の要の土地となり軍港都市として急速に発展したワケです

横須賀風景

ある時期お国を支えた製鉄、造船の重厚長大基幹産業も役を終えてすっかりその波は引きました

幼少の頃から多少の変化を見てきている街でもあります
、、少し手繰ってみてもいいかもしれません、、刻を経てそんな気になり掛かっています


(写真Olympus E-PL6 G20mmF1.7)

にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し) 


にわ廻りの備忘録です
このところは暑くてまるでグダグダのボンヤリが続いて、そのまま流しちゃうとこでしたが
まれ〜に見返すとこれでも記憶の助けになったりするものです

初夏を知らせるアマリリスが今年はじつによく咲きました
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

アマリリスは真っ赤と筋入り、いただきもの2つの球根を株分けしていたらだんだん増えました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

こんなこともありました、、、例年のにわ作業で伸びきった草の刈り取りをしていると
やっぱり見つかりました、営巣初期のスズメバチの巣です

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
時期によっては草取りも注意深くすすめないと痛い目に遭うことになります

昨年はほぼ同じ場所で蔦をはぎ取っていて刺されました、、そこにフタモンアシナガバチの巣があったのです

草に隠れツツジに付いたトックリ形の巣、、コガタスズメバチ営巣初期の特徴的なカタチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

この状態のときはまだ女王蜂一匹のみで営巣中
この後働きバチが生まれるとトックリの筒状の部分が外されて、バレーボール大まで拡大
ちなみにトックリの筒部分はまだ働きバチ(兵隊バチ)を持たない女王蜂の外敵対応とされています

コガタスズメバチとは名ばかりで、個体によってオオスズメバチと同サイズの迫力ですが、性格はおとなしいです
なので営巣場所に問題なければ巣を見つけても「どうぞご勝手に」と放っておくのですが
この場所はにわ作業で刺激をあたえることも多くなりそうですので今回は撤去させてもらいました

ハチには数度刺され経験有りでアナフェラキシーショックも恐いです、、、


と、ここまで書いて、、今記事は淡々とお花並べてにわ備忘録をと用意していたのですが
ハチ話しで乗ってきてしまいましたので予定変更、、ハチ話しを続けてお花備忘録はまたの機会にします






ところで↓は上の巣のハチとは別種ですが、先日我が家に入り込んで来たヒメスズメバチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの「ヒメ」も名ばかりで最強オオスズメバチ同等サイズの迫力ですが性格は「とっても穏やか」です
なりはデカくともスズメバチ種で最もおとなしいともされてます

変にちょっかい出したり巣に攻撃等しなければ、まず怒って刺して来ることもありません
この時も迷い入って慌てている様子でしたが、撮影に付き合わされたあげく、しばらくしたら出ていきました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

↓は以前撮ったヒメスズメバチ営巣はじめの様子、トックリ状の筒は無く営巣初期の巣は下部開放型
ヒメスズメバチは見えにくい閉鎖空間に営巣しますから外敵の心配は少ない、という形状なのかもしれません

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの特徴として食性をアシナガバチのみに限定しているというのがあります
アシナガバチ達から見たら恐ろしい天敵ですが
それはまたヒメスズメバチからするとアシナガバチの居ないところでは生存出来ない、ということでもあります

うちのにわにはこの季節になるとアシナガバチがた〜くさん (^^ )
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

それはそうでしょう
チョウチョやハナバチで賑やかになるように、お花を咲かて彼らの食性に合わせた植物もいっぱい植わってます
主タンパク源となるイモムシ類(チョウやガの幼虫)を求めたアシナガバチがにわに集まるのです

アシナガバチの刺毒はスズメバチに準じて強いものの、性格はやはり総じて穏やか

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
ですから巣を作られてもヒトの生活上問題ない場所ならば「どうぞご勝手に」そうして放っておきます

昨年は目の利かない薄暮の中、疲労しつつ作業したワタシの注意散漫で
↓のかなり育った巣を刺激して刺されました、、とても腫れましたし、かな〜り痛かったです

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

で、こう書いてきて何か言いたいことがあるかというと、、そういうコトでもなくて

ただにわ管理人であるワタシはにわで遊び、相方の制作モチーフにもなりそうだということで
チョウチョやいろんな生きものを集めるためにお花も咲いてる、そんなにわをイメージしました

少しずつそれが実現してくると、チョウチョやいろんな生きものが卵を産んでイモムシがたくさん生まれ
するとイモムシは植わってるにわ植物を際限なく食べますから、花の咲くにわは弱ってしまいます
そこでイモムシ求めてにわに集まって来るアシナガバチ達の登場です


(ハチ等の画像はたいてい不評だったですね、この先はニャンコ画像で続けます、、脈絡はありませんが)

ふくちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

アシナガバチがイモムシを狩るおかげで、にわ花は壊滅せずに済んでいるとも言えますが
豊富なタンパク源を得たアシナガバチにあちこち営巣されると今度はヒト科のワタシタチが困ってしまいます
そこにアシナガバチ類の天敵である先ほどのヒメスズメバチが現れるのです

はなからビオトープ等の持つ自然な循環を思っていた、という事もありましたから
にわはそんなイメージに沿ってすすんでいます

ピノちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

つまり「ハチは刺すから恐い」刺されればアナフェラキシーショックで死んでしまうこともあると聞いてるし
だからといって、にわのハチを除外してしまったら、イモムシが大繁栄となって
きっと多くの植物が打撃を受けにわに花は咲かなくなって来ることでしょう

花の無いにわにはもうチョウチョも寄って来ません、、結局のところワタシタチはがっかりです

かっくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

そこで話しは飛んで「ヒアリ」です
ネットで大層話題だな、そう思って滅多に付けないテレビで確認するとどんだけ「ヒアリ」?という状態です
外来種をそのまま肯定する気もありませんが、いくらなんでも煽ってるようにしかワタシには見えません

「殺人アリ」とどこの見出しでも称しているようですが、、いったいどんだけの事なのか?
そのソース(情報源)等をいちど調べてみてもイイと思います、、ウソではないが大げさ、ワタシにはそう映ります

見出しは興味をそそってショッキングな方がイイ、、編集者の変わらぬ鉄則かもしれません

かたくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

殺アリ剤が急遽バカ売れというのも判らなくはありませんが、、どうして在来種と見分けられますでしょう?
都市部では関係無い話しかもしれませんがアリは大変優秀な有機分解者です
アリ=とても危ない→→→「アリを見たら殺アリ剤」、、、そう単純につながりそうで恐ろしい

またさらに、どんなとき「未知の生きもの驚異ネタ」や「疫病不安ネタ」がさかんに煽られているかと言えば、、、

なんでも好きに書くとおとがめもらって自由も取られちゃう、、そんな世になりつつありますので
わざわざ書いたりしませんが、、、

いったい、いかがなものでしょう

(Olympus E-5 ZD14-54mmF2.8-3.5II ED50mmF2.0Macro ED50-200mmF2.8-3.5 )

「隠れ花菖蒲園」 


先日、三浦にある「隠れ花菖蒲園」に行ってきましたので、ここに留めておくことにします

17.6.22隠れ菖蒲園 石井農園-1

園の名にもなる花菖蒲は終わっていましたが

隠れ菖蒲園

たくさんのタチアオイが空に向かってひたすらに

隠れ菖蒲園

「隠れ花菖蒲園」は三浦でも知る人ぞ知るヒミツの名所ということらしい、のですが

隠れ菖蒲園

いったいここが何なのか?というと、、、
農家の1人のおばあちゃんが始めて40年以上の間手を入れ続けて来た、そんなお花畑なのでした

隠れ菖蒲園

多種多様、どこを向いてもいろんなお花が咲いています

隠れ菖蒲園

どこを見ても自然に手が入っていて、みなとても元気

隠れ菖蒲園

お花畑は無料で開放され、巡る通路もあって

柵材や所々にある休み処ベンチも竹林から切り出した竹材が使われて、、総じてオール手作りです

隠れ菖蒲園

40年以上前のこと、いち農家お母さんのお花好きが昂じて

隠れ菖蒲園

慈しみ喜んで、ただただ植えて咲かせ続けたのだと思います

比べることもありませんが、予算の掛かった庭園や公共管理の整ったお花とはまた違った趣があります

隠れ菖蒲園

見ると、あちこちアートなオブジェが配置されていたり、、、

隠れ菖蒲園

これらは誰が作ったの?芸術やってるご友人でもいたのかしらん、、と調べてみると

隠れ菖蒲園

なんと!農場主のご主人作(お花好きお母さんの旦那さん)とのこと、、 (^^ )

看板も手描きの味わい

隠れ菖蒲園

「注文の多い料理店」よろしく案内看板もあちこちあって妙味を放っていました

隠れ菖蒲園

花畑の向かい一面の土手はいちめん紫陽花が植えられて

隠れ菖蒲園

珍しいのもちらほらあってこちらも多種多様

隠れ菖蒲園

やっぱりお花好きが楽しみながら植えたんだぁ〜、、そんなことを思わせるお花ぶり

敷地の一角は三浦野菜や花苗の直売所もあって

隠れ菖蒲園

三浦のカボチャは特別ウマイ!そう思っている方もこの頃は多いのではないでしょうか?
栗のようにホックリとイモのようにネットリと、それはもうウマイんです

隠れ菖蒲園

今回は実家の母のオススメでこの「隠れ花菖蒲園」に初めて来ました

一軒の農家がただ作ったお花の庭が他には無い空気感を醸し出していることに驚き
里山のお花畑というのに、懐かしさよりも時風にあった新味が感じられたのもポイントでした

次の機会にはぜひにわ作者の方々にお話を伺ってみたい、、そんな場所になりました


(写真Olympus E-PL6 G20mmF1.7)

絵描き仲間キャンプ 


先週のことになりますが、恒例の絵描き仲間キャンプがありました
ということで、こちらも備忘録として書いておきましょう

相模川水系支流の中津川です。解禁直後、鮎の友釣り師が並んでいます
絵描き仲間キャンプ

子供の頃からこの辺りは家族でピクニックに来たり、少し大きくなると単車走らせ遊びに来たり
絵描き仲間キャンプ

宮ヶ瀬の中津渓谷が丁度いい距離感だったんでしょうね、神奈川を出ずして旅感が味わえましたし
定点ポイントとして度々訪れていたのですからお気に入りだったのですが
それも急流に巨石ゴロタ石景観の中津渓谷が宮ヶ瀬ダム湖底に沈む前までという、、ノスタルジーなお話しです

絵描き仲間はポツポツと河川敷に集まるとまずは川遊び、この日は晴れて暑い日でした
絵描き仲間キャンプ

いつもの様に個人用テントも点々と張っておきましょう
絵描き仲間キャンプ

なんとなく準備が出来たら緩〜く宴が始まります、、うしろには故S額縁職人のモノだったテントも張られて
絵描き仲間キャンプ

この河川敷は焚き火が焚けるので知られていて、こんな無人薪販売車もあったりします
絵描き仲間キャンプ

夜になるとランタンの光に焚き火のはじける音に、、炭火焼きの匂い、、、
絵描き仲間キャンプ

持ち寄り料理を囲みつつ
絵描き仲間キャンプ

腸詰めを焼き
絵描き仲間キャンプ

牛を焼き鶏を焼き鹿を焼きワイルドに攻め、トルティーヤを頬張って
絵描き仲間キャンプ

止まることなく交わされる熟練の実にくだらない話しの数々をツマミにちびりちびりと杯を重ねれば夜も更けて
絵描き仲間キャンプ

一夜明けてみると広い河川敷は一面ディープ系キャンプ愛好家で埋まっていました
絵描き仲間キャンプ

この河原の盛況ぶり、ネットの力でしょうね、、、
ここも残された楽園のひとつですが、、規制大国ですからね〜、行く先を案じてしまいます

明けて晴天、タープ無し日陰ひとつ無い炎天下というのに、相変わらずもくだらない話しは延々続いて終わらず
絵描き仲間キャンプ

それでも陽が西に傾いた頃になって、パラパラとそれぞれの場所へと戻っていきました

にしても知らない間にそのまんま年を重ねて30年超、、長い付き合いになりました
気心しれて気兼ねなく、、しょうもない昔話を共有出来るのもイイものです (^^ )

(写真Olympus E-5/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD Olympus E-PL6 G20mmF1.7)

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色 


前回の更新から早くもひと月が過ぎたようです、、するとまた広告が画面に入って来ました
広告は鬱陶しいですから記事を書きましょう、、、

内容は淡々と変わらずにわ廻りのいろいろで、とりとめもなく長く写真散文の羅列ですが
自身にとってはにわ季節の備忘録になって少しは役にも立ちそうです


桜が咲き終えてほどなくすると牡丹が咲きます
春のにわ廻りいろいろ

木蓮は昨年の強剪定がたたってしょぼしょぼ咲き
春のにわ廻りいろいろ

シランは知らない間に年々増えていっている気もします
春のにわ廻りいろいろ

いつぞにポット苗でもらったガーベラもしぶとくしょぼく毎年咲いて
春のにわ廻りいろいろ

ワタシがにわに従事してると、ボクらも近くで一緒にやってます、偵察してます的な、にゃんこ的素振りも変わりなく
春のにわ廻りいろいろ

またしばらくするとクレマチスが咲き始めます
春のにわ廻りいろいろ

地表を覆う繊細な小花時期はとうに過ぎ、存在感の大花季節が到来
春のにわ廻りいろいろ

洋物改良のジャーマンアイリスはちょっとエグくて
春のにわ廻りいろいろ

東アジア原産のあやめが楚々と見えるのは気のせいじゃない、と思うのもいつもと同じ
春のにわ廻りいろいろ

あやめがパパァ〜っと咲けば雨期が近いことを予感もします
春のにわ廻りいろいろ

紫陽花と共に水気がよく似合う花だと思います
春のにわ廻りいろいろ

ふと見上げれば樹上でピノちゃんは高みの見物中
春のにわ廻りいろいろ

朽ち木に1センチ強の真円穴を発見しました、、これはクマバチの巣ですね
春のにわ廻りいろいろ

ちょうど営巣中だったようで巣の下には木を掘り進めたおが屑が落ちていました
春のにわ廻りいろいろ
クマバチの洋名はCarpenter bee(大工蜂)です、、にわでは初見、こちら継続観測させていただきます

母からもらった西洋シャクナゲに初めて花が付きました、、真白に僅かな斑入りです
春のにわ廻りいろいろ

今現在は深紅のでっかなアマリリスが咲いて
春のにわ廻りいろいろ

筋入りのアマリリスも次々咲いているところ
春のにわ廻りいろいろ

そうこうしてると足元ではヒマ持てあましたフクちゃんが遊ぼう!と絡んでいます
春のにわ廻りいろいろ

この季節は草取りに剪定に、陽のある間はにわに居る時間が多くなります
春のにわ廻りいろいろ

労働と言えばそうなのですが、にわという定点観測が続いているとも言えます
基本毎年にわ景色は同じサイクルの繰り返しなのですが、新たな発見や出会いも多く飽きることはありません

しかもにわと言う自然が同じ事の繰り返し、そんな中にも凄みや含蓄が感じられるようになって来た気もします
ものの見え方感じ方は主観によりますが、その主観も過ごした年月や経験で左右していつまでも揺らぎます


(Olympus E-5 E-PL6 ZD14-54mmF2.8-3.5II ED50mmF2.0Macro SUMMILUX25mmF1.4 SigmaApoMacro150mmF2.8)

春が過ぎゆく・花桃と桜 


いや〜、ご無沙汰しております、、と言うにも昨今放置状態にあるこの「にわ旅ブログ」でありますが

ハナモモとサクラ

なんとなく久しぶりに覗いてみると、、ブログ画面にペタペタと広告が張られてるじゃありませんか

ハナモモとサクラ

これは放置中とはいえどお見苦しい、まして広告やCMがまったく好きじゃない方なんです、、、

ハナモモとサクラ

調べるとひと月更新空くと勝手に広告が入って来る仕様だそうで
ここはひとつ記事を更新しておかなくてはいけません

ハナモモとサクラ

足もとでじわっと進んでいた春がここへ来て一気でした、、毎年の事ですがこの怒濤ぶりを忘れてるんですね
ハナモモが咲くとにわの春はもうクライマックスです

今年の桜はいくぶん遅れたように感じましたが

ハナモモとサクラ

やっと咲き始めたかな? と思ったらさっくりと風邪ひきました

ハナモモとサクラ

ワタシは例年春に風邪っ引きが多いように思うのですが、この春もやっぱりお約束で熱出して寝込みました

ハナモモとサクラ

やっと満開だというのにどこも出掛けられずに、、これじゃあんまりだと

ハナモモとサクラ

至近のポイントのみをふらつきつつ歩きましたが、、これでこの春の桜は仕舞いになりました

ハナモモとサクラ

続けて相方も同じ咳して熱出して寝込みました、、、

4月に入ってからずるずると今までこんな感じだったような気がします

ハナモモとサクラ

旅先それもインド旅なんかだったりすると、旅中1度は急に熱出したりして調子を崩します
旅先の辺鄙村で高熱なんか出したらとっても不安、医者も無いから遠くからの往診を待ったりもします

ハナモモとサクラ

それでも数日うなされたなら、、そのあと静かに熱は引いていくものです

するとどうでしょう? 何か抜けてスッキリしています、、どこか溜まった澱が流されたとでも言いましょうか、、、

ハナモモとサクラ

ワタシタチは旅先でたまに起こるこの現象を「ある種の禊ぎ」と呼ぶことにしています

そこで熱を出すのが必要だったから熱を出したのであって、これで良かったのだと言うことです

ハナモモとサクラ

ワタシタチはこの旅シーズンここに留まって出掛けずとしましたので

この春の熱も過ぎればきっと溜まった澱も抜けているのよ〜、、そんな禊ぎの一連一環と思って
そのもう一息を今はじっと待っているのです

もうすぐ緑萌え立つ季節になりますしね、スッキリとして臨みたいと思います


(Olympus E-5 SUMMILUX25mmF1.4 ED50-200mmF2.8-3.5)

この頃日記と覚えがき 


いやいや、、またまたのお久しぶりです

いつもこの時期は寒いので日本に出来るだけ居ないことにしましょうと
南方方面へ出掛ける様にココロ掛けているのですが
なんとなくこの冬はおとなしくしていようとの合意で進んで、、ひっそり過ごしております (^^ )

別段変わったこともありませんが、このところ老眼のせいか眼の調子が良くって
といった言い方も変ですが、、ひと頃かけていた眼鏡も使わずにこころもち焦点が合ってるような、、、

2月のいろいろ

まあ日々揺れる眼ピントがたまたま合っていると言うことでしょうからね、一時的なものでしょうけれど
それでも本が読めるのが有り難い、、手に入れたものの読めず積まれた本をまとめて読んだりしてるこの頃です

それではブログのそもそもは日記、ということで淡々と2月の日常などを


絵画教室の若手生徒さんの手も借りつつ土手の草刈り整地に取り掛かりました
2月のいろいろ

伸びすぎた木枝もバサバサ落としましたが
2月のいろいろ

ハサミを入れて掃除してこれらは家遊びのオブジェや教室の工作部材になったりもします
2月のいろいろ

土手からは形良い中型のキイロスズメバチの巣も出てきましたのでこちらも大切に保管です
2月のいろいろ

天気のいい日にはお手製の染め砂いろいろが干され、、これらはこれから砂絵マンダラの材料となります
2月のいろいろ

こんな有様を眺めつつにゃんこたちは暖かになって来た日差しを楽しんでいるようです
2月のいろいろ

ずっと以前の教え子がマダムとして立つイタリアンレストランに出掛けたりもして
2月のいろいろ

実家の父と相方のお誕生日ということでしたが、温かなもてなしに美味しく和やかな時間となりました
2月のいろいろ

両親の住む三浦海岸まで戻ってみると、早咲きの河津桜が満開でした
2月のいろいろ

駅前の出店屋台も終わった時間で人は引けていましたが
2月のいろいろ

ライトアップされた夜桜にしばし見とれるのには三浦のユルイ空気も丁度よく
2月のいろいろ

ぼんやりと春の先取りを楽しみました
2月のいろいろ

にわの梅花は今期まったくありません
2月のいろいろ

昨秋に大剪定しましたから来春以降の花が楽しみかな、といったところです


(Olympus E-5 E-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5 ED50-200mmF2.8-3.5)

西伊豆小旅・5  


昨年末からポツリポツリ続けている西伊豆小旅ものですが、、まだもう少し続いてしまいます

西伊豆小旅

西伊豆松崎町にある「岩科学校」、、伊豆の最古にして日本で3番目に古い小学校建築です  

西伊豆小旅

明治の1880年竣工、重要文化財指定になっていて地元の子には「重文!」と呼ばれているそうです

和洋折衷、初期の洋風様式に地元スタイルなまこ壁が多用されたシンメトリーデザイン

西伊豆小旅

近年予算をかけて半解体の保存修理も経て建物コンディションも良好

材も出来るだけそのままに修復ということで枯れた木材な味わいに囲まれます

西伊豆小旅

かつて建築時の総工費中4割程を地元の方々の寄付金で賄ったそうです

西伊豆小旅

明治という新しい時代、これからは教育といかに人々が夢を抱いていたかをうかがい知ります

西伊豆小旅

校舎には古いものがいろいろと展示されていました

西伊豆小旅

どれもただ普通に使われてきた古いものですが、時間フィルターが掛かると造形に趣が出ているようにも感じます

西伊豆小旅

蚕で作られた町や村は日本各地にありますが、松崎もかつては松崎製糸場を中心に栄えていました
これだけ立派な学校が当時伊豆のはずれで建ったのはきっとお蚕さんのおかげなのでしょう

西伊豆小旅

こじんまり郷土史的展示で楽しみましたが、2階奥の和室「鶴の間」は特に印象に残りました

西伊豆小旅

地元松崎生まれの鏝絵職人「入江長八」作、、鶴は欄間を囲むように138羽飛んでいるのだそうです

西伊豆小旅

学校の和室と言うには暗さも素っ気なさも無く

明るく突き抜けたハイセンスぶりと当時の大らかな気風がよく出ています

西伊豆小旅

鏝絵はずっと以前同じ松崎の長八美術館で観てその時は肌に合いませんでしたが、、「鶴の間」は素敵でした
鏝絵は額に入るより壁に収まってこそ、ということかもしれません

それにしても昭和平成のとかく何でも壊して立て直せ的風潮の中、、よくぞ建ち残ったものです

かつてからこの地域の方々が繋ぐ意志と見識の賜物と思います


(Olympus E-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5)

西伊豆小旅・4 


さらっと2017年になりましたが構わずマイペースでいきます、、昨年末からの西伊豆小旅その続きです

この小旅の車中泊場は温泉もある道の駅「花の三聖苑伊豆松崎」でした
そこはオートキャンパーベテラン組が集いましたの様相で、目覚めて車から出てみると朝もはよからお喋りで

西伊豆小旅

お茶を飲みつつシニアの皆さん達がワイワイと、日本各地の旅話に花が咲いて楽しそう

夫婦、犬連れ、ひとり旅と様々ですが国内巡り続けて、いつぞか何処かで会って知っている人達ばかりのようです
このあたりパッカー旅中の関わりや情報交換のあり方とも似ています

松崎を流れる那賀川の堤には桜並木が延々続いています

西伊豆小旅

昭和30年代後半に土地の方が植えた100本が元になって、今では堂々西伊豆桜の名所となり春は賑わうそうです

朝食を済ませそろっと車を走らせると地元民が吸い込まれていく小屋が見えたので

西伊豆小旅

寄ってみると、土地の産物集めた直売所

西伊豆小旅

旅もろもろで直売所にはうるさいワタシタチですが実直な品揃えでこの小屋レベル高しとお買い物です
ちなみに桜葉の塩漬けは全国シェア松崎70%、隣町の南伊豆町30%、、なんとこの周辺でほぼ100%なんだとか

松崎かつての豪商、明治初期に呉服店から財を成した中瀬さんのお宅、中瀬邸です

西伊豆小旅

邸宅は松崎の行政で買い取って保存し公開されています

西伊豆小旅

それにしても木造のクォリティーが高い、、時を経て枯れた木の材質感、その木目や材質を吟味した組み合わせの妙

様々な材を見て一本ずつ線を引いていった、効率より質や美を取った職人技に経年の味わいが加算されてます

西伊豆小旅

かつて番頭さんが居たであろう帳場の雰囲気が再現されているのを見て

西伊豆小旅

やっぱ後世残っていくのはデーターでは無いよな、やっぱ紙よのう〜、、と思ってみたり

西伊豆小旅

明治から昭和初期頃、盛んに活躍した力車も保存されていて
そもそもアジア各地でお世話になっているリキシャも当時日本の輸出文化、だからその語源ともなっているのであって

西伊豆小旅

いまだ現役で人力車が走る彼の国インドだって
リキシャのこと始めと言えばかつて日本から大量に輸入された力車であったことを思い出してみたり、、、

ところで、松崎の町をぶらぶら歩くとなかなかイイ雰囲気よのう〜、などと感じるわけですが

西伊豆小旅

やっぱりそこは目を付けられているようで、今までに相当数のTVドラマや映画のロケ地となっているようでした
ネットではロケ地巡りのファンが結構居たり一部聖地化してる感じもありますね

西伊豆小旅

どうも撮りたくなる引っかかりポイントが点在した雰囲気なんですよね


(Olympus E-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5)

年が明けました 

新年のご挨拶

今年もどうぞよろしくお願いします


(Olympus E-5 ED12-60mmF2.8-4.0)