「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

林信夫の日本画展・その会場風景 


「林信夫の日本画展」その会場風景となります

林信夫の日本画展会場風景

連日たくさんの方にご来場いただいています
林信夫の日本画展会場風景

今展ではゆかりの方に作品を手元に置いていただけたら尚よいなぁ、との願いもあったのですが
林信夫の日本画展会場風景
初め隙間なく展示されていた壁面にもだいぶ余裕が見えるようになりました

レセプションの日です
林信夫の日本画展会場風景

ほんとうに多くの方がいらっしゃいました
林信夫の日本画展会場風景

入れ替わり立ち替わり、、いったいどの位の方がいらしたことでしょう
林信夫の日本画展会場風景

林さんゆかりの友人達や
林信夫の日本画展展

絵描き仲間に教え子たち
林信夫の日本画展会場風景

それぞれがかなりな若年時代からを共に知っている仲かと思います
林信夫の日本画展会場風景

それがけっこうな時を経て
林信夫の日本画展会場風景

林さんの絵に囲まれた画廊で、タイムカプセルが開いたような
林信夫の日本画展会場風景

そんな会場となりました


レセプション終わりまでいた人たちでパシャリ、、記念写真を撮りました
林信夫の日本画展会場風景


林信夫の日本画展会場風景
林信夫の日本画展会場風景
林信夫の日本画展会場風景
林信夫の日本画展会場風景

林信夫ブログはこちら→→→「ほぼ不定期日記 散歩ばかりしている男の嘘日記」 「旧い方のほぼ不定期日記」 
(オススメです!)



明日までの開催(最終日16時まで)となります

「林信夫の日本画展」
会期 2019年5月29日(水)〜6月4日(火) 11時〜18時 (最終日16時まで)

会場 元麻布ギャラリー平塚(東横イン湘南平塚駅北口1 1階)
   JR東海道線平塚駅北口より徒歩4分 ギャラリーtel 0463-22-7625

19.5.25林信夫の日本画展フライヤー1
林信夫の日本画展告知

林信夫さんは2018年5月19日に永眠されました。
このたび有志が集まり遺された日本画作品を一堂に展示することになりました。
(会場の都合によりお花、お品などのお心遣いはご遠慮させていただきたくお願い申し上げます)

林信夫の日本画展・その展示風景 


今日から開催中となります「林信夫の日本画展」
その展示風景となります


車2台にどんと積まれた作品を画廊に降ろし梱包をはずして
林信夫の日本画展展示風景

作品すべて並べてまずは全容把握をするのですが
林信夫の日本画展展示風景

展示総作品数120点超ですからね、、、慌てずコツコツと進めます
林信夫の日本画展展示風景

作品全容が見えてきたら
林信夫の日本画展展示風景

会場配置の構想を皆でぱっと組み立てて
林信夫の日本画展展示風景

飾り付けの作業に入ります
林信夫の日本画展展示風景

作業人員は数人でも、そこは経験豊富な絵描きの集まりですからね
林信夫の日本画展展示風景

(林さんの肘折温泉記事→→林信夫のブログ、ほぼ不定期日記へ、こちらもあるよ→→古い方のほぼ不定期日記へ

作業はサクサク進んで
林信夫の日本画展展示風景

みるみるうちに展示会場らしく
林信夫の日本画展展示風景

ととのって
林信夫の日本画展展示風景

出来ました!、、6時間程かかりましたが予定作業時間ピッタリでの終了
林信夫の日本画展展示風景

手前味噌になりますが、、流石です
林信夫の日本画展展示風景

会場、、いいですね、カッコ良く仕上がったと思います
林信夫の日本画展展示風景

友人や教え子、そのまた教え子らが集まって
よってたかってまさかのこんな目に遭わされるなんて (自分の回顧展をされちゃうなんて)

林さん、まったく考えもしなかったことと思います

ワタシにしても出会って40年あまりの時を経たのちに
まさかこの役柄となって動くことになるなんて思いもしないことでした



現在開催中です

「林信夫の日本画展」
会期 2019年5月29日(水)〜6月4日(火) 11時〜18時 (最終日16時まで)

会場 元麻布ギャラリー平塚(東横イン湘南平塚駅北口1 1階)
   JR東海道線平塚駅北口より徒歩4分 ギャラリーtel 0463-22-7625

19.5.25林信夫の日本画展フライヤー1
林信夫の日本画展告知

林信夫さんは2018年5月19日に永眠されました。
このたび有志が集まり遺された日本画作品を一堂に展示することになりました。
(会場の都合によりお花、お品などのお心遣いはご遠慮させていただきたくお願い申し上げます)


林信夫の日本画展・その準備として 


林さんこと林信夫がなくなって1年が過ぎました

林信夫の日本画展展示風景

この度ですが

ごく身近な友人に弟子の有志が企画下支えをしつつ、林さんの展覧会を開くことになりました

林信夫の日本画展展示風景

絵描き仲間が集まっては定例会合という名の宴会を繰り返してきたS画伯のアトリエ

林信夫の日本画展展示風景

そこに世代の差はあれど今となってはそれぞれ中堅ベテランの域に入ってきた絵描き数人が集まって

描き残された林さんの作品を展示へ向けてパネル張りしてる、、そんな作業風景

林信夫の日本画展展示風景

職人技でもって画家達が黙々と作業を進めてと、、そんな写真に見えてしまうかもしれませんが

やはりそんなことは無いわけで

そこはこれまでとなにも変わらぬバカな話しが飛び交って、、、まったくもって今まで通り

林信夫の日本画展展示風景

ですが

いつも「ウヒョヒョ〜〜」と笑っては各所にまんべんなく茶々を入れ

皆の会話リズムを心地のいい落語劇場と化していた、、、そんな林さんの姿はここにありません

林信夫の日本画展展示風景

作品をパネルに張り込み、梱包、荷造りまで着々と進んで、、、作業は無事終了しました


展覧会は5月29日(水)から始まります

19.5.25林信夫の日本画展フライヤー1

林信夫の日本画展告知

「林信夫の日本画展」
会期 2019年5月29日(水)〜6月4日(火) 11時〜18時 (最終日16時まで)

会場 元麻布ギャラリー平塚(東横イン湘南平塚駅北口1 1階)
   JR東海道線平塚駅北口より徒歩4分 ギャラリーtel 0463-22-7625


年が明けました 

19.1.2 年が明けました-1

今年もどうぞよろしくお願いいたします


(LUMIX GX-8 SUMMILUX25mmF1.4)

4月のにわとにゃんこ達 


「ご無沙汰してしまいました」が定例句となって久しい今日この頃
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

4月のにわとにゃんこ

にわでは例年よりすべて少し早めでしたが

花桃が咲いて
4月のにわとにゃんこ

牡丹は大輪に
4月のにわとにゃんこ

あちこちからいつも通りの順番に花便り
4月のにわとにゃんこ

過ぎてみればいつもと変わらないこの春、、、そう言えないこともありませんが

4月のにわとにゃんこ

相方の不調入院からの丸々2ヶ月間は

ずっと我が家は機能停止の硬直状態が続きましたから

4月のにわとにゃんこ

落ち着いた空気を取り戻してやっとひと月過ぎたかなぁ〜、、とそんなところなのです


、、それにしても

4月のにわとにゃんこ

年が明け、しばらくして、、、いつも通りでもし何事も無かったのならば

4月のにわとにゃんこ

ワタシタチはパスポート片手にイミグレーションを抜け

満面の笑みを浮かべつつ
もしくは高笑いで機上の人となっていたはずなのであります

4月のにわとにゃんこ

二人とも長いこと旅をしてきましたが

フライトキャンセルは初めてのことでした

、、、、、、、、、。

4月のにわとにゃんこ

旅に出るということで

ワタシタチがこの日本でタフにユルく生き抜けていくための
栄養滋養と少しの知恵を得、また蓄えていたとするならば

4月のにわとにゃんこ

エネルギー補給が1回飛ばしとなった今、、、心せねばなりません

ガス欠までそう遠くは無いのだぞ、、ということです

4月のにわとにゃんこ

無理に気張らず余計なこと好まざることには関わらず負担を抱えずに
慎重な日々を過ごして次の補給の機会をじっと待つ

4月のにわとにゃんこ

ワタシタチはそんな心持ちでしばらくを過ごす所存でございますが


その手の師匠には適任が身近に居ます、、「ねこちゃん達」です (^^ )


(LUMIX GX-8 VARIO-ELMARIT12-60mmF2.8-4.0 SUMMILUX15mmF1.7 ED50mmF2.0Macro SUMMILUX25mmF1.4 SigmaApoMacro150mmF2.8)

春はじめに・この頃について 


にわの梅花も咲き切って、、これからは怒濤の春が押し寄せるそんな季節になりますね

にわ梅の花ちゃんころりん

にわ梅の推定樹齢はワタシよりいくぶん上でぼちぼちなお年です

にわ梅の花ちゃんころりん

梅の木は実際長生きらしいのですが、果実取りで考えると25年位までが優位と言われます

にわ梅の花ちゃんころりん

うちのにわ梅もずいぶん以前にはたわわに実を付けたと聞いているのですが

にわ梅の花ちゃんころりん

今は絢爛だった壮年期も終えて詫び寂入った雰囲気も出しつつ、、ゆるやかな花付けなのです

にわ梅の花ちゃんころりん

ところで

にわ梅の花ちゃんころりん

うちとしてもずっとこのところ大変だったわけです

にわ梅の花ちゃんころりん

頑丈とみなさんに思っていただいていた相方が1月末に倒れて床に伏し

にわ梅の花ちゃんころりん

気が付いてみると2ヶ月近くがすでに過ぎ、、、今に至ります

にわ梅の花ちゃんころりん

急性腹膜炎の発症にて救急搬送、、緊急手術ののちに半月の入院

にわ梅の花ちゃんころりん

退院後には自宅療養期間を経て体力回復のためのリハビリの日々、、、

にわ梅の花ちゃんころりん

そんないきなりやって来た緊張感と不安の日々だったわけですが

幸いにして相方の予後は順調、、先週あたりから日常ルーティンにゆるく復帰したところであります

にわ梅の花ちゃんころりん

それにしてもまったくもってなにが起こるかわかりません

今回もほぼまるで予兆無しの突然の出来事
その為にいろいろと予定していたことはみな流れてしまいましたが
何を差し置いても相方の無事がなによりです

ワタシとしてもこの2ヶ月近くは緊張感の中で記憶が飛ぶほどの慌ただしさでしたが
やっとここへ来て日々の落ち着きを取り戻してきています


相方リハビリ期間にいくつか近場をそろっと歩いて来ましたので
そのあたりからまたぼちぼちゆっくりゆっくりアップしていきたいと思います

それでわ


(LUMIX GX-8 VARIO-ELMARIT12-60mmF2.8-4.0 SUMMILUX15mmF1.7)

信州広域小旅・part6.2 


この1ヶ月なんやかんやとありまして、、またもがっちり更新空いてしまいました
長く引っ張って来た信州広域小旅の締めがまだ残っていましたので、そこからまず押さえておこうと思います


小旅の最終日、下伊那での山中探索からですね

展望開けた下栗の里、お昼は上村謹製の揚げパンとコーヒー
信州広域小旅

下栗の里、そろりと辺りを歩いてみると茶畑もやっていましたし
信州広域小旅

蜂蜜もやっていました、、狭小傾斜地ながらなんでもやっていそうです
信州広域小旅

ここは「東洋のチロル」なのだそうですが、ワタシにはネパールそのものとしか思えませんでしたよ

地産ものだけを提供する良さげな食堂には次回寄ってみましょう
信州広域小旅

南アルプス最南端にある3000m峰聖岳がカタチ良く望めるのもここの楽しみ
信州広域小旅

付近には超の付く展望景勝地が点在していますが、、そのひとつが「しらびそ峠」
信州広域小旅

望む景色は南アルプスの兎岳、大沢岳を中心に据えて
信州広域小旅

3000m峰の荒川岳も頭をのぞかせています
信州広域小旅

にしてもこの日は本当によく展望が利きました
この辺りは幾度も描きに来てますが、これだけクリアで抜けよく見えたのは初めてかもしれません

時にガスが抜けるのを待って数日テント泊待機することもありましたが
ここは天文系星空マニアの方々にも轟く聖地、夜になると気合いの入った天体望遠鏡がズラッと並ぶんですよ

この日は遠く北アルプスの穂高連峰、槍ヶ岳まで見通せましたし
信州広域小旅

御嶽山から中央アルプス、目の前には南アルプスとまさに1級展望地と呼ぶに相応しい展観でありました

信州広域小旅の終わりにと大鹿村へ向かいます
信州広域小旅

今回の小旅では白馬、安曇野、木曽路、南信伊那路と通い馴染んだ展望地を確認して巡ることになりました
信州広域小旅

どこも趣が違ってそれぞれやっぱり素晴らしかったです

大鹿村赤石荘の展望露天です
信州広域小旅

それでもどうでしょう、中でも南信が肌に合うように感じたのは、、、たぶんきっとその通りなのだと思います
素朴でかつ自然のスケールもでかく、都市資本特有の嘘っぽい匂いが少ないのも良いです。

信州広域小旅

帰路入り前の腹ごしらえは駒ヶ根明治亭のソースカツ丼
信州広域小旅

駒ヶ根と言えば明治亭と言うほどの有名店かつ店構えも大きいので
なんとなく今まで避けて来てしまいましたが

不覚でした、、とっても美味しゅうございました
次回もぜひ寄らせていただきたいと思います   了


(E-5 ZD11-22mmF2.8-3.5 ED50-200mmF2.8-3.5 E-PL6 G20mm/F1.7}

信州広域小旅・part6.1 


年が明け、、またも久しぶりの更新となってしまいましたが
昨年末まで続いていた信州広域小旅があと少し残っていましたので
そこからまたしれっと続けてみたいと思います (^^ )


早朝スカッと快晴、伊那飯島から見た中央アルプスはくっきりシャープなのでした
信州広域小旅

ささっと朝飯を済ませてコーヒーたっぷり煎れたら出発〜
信州広域小旅

第1級酷道とも広く囁かれる国道152号線を辿って下伊那の上村まで来ました
信州広域小旅

湧き水でポリタンの水も入れ替えておきましょう、「命水」、、力の入るネームです
信州広域小旅

さらに南アルプス側へ進み、すれ違い不可のぐねぐね道を飽きるほど行き高度を上げると
信州広域小旅

下伊那遠山郷の下栗の里です、、久しぶりにやって来ました
信州広域小旅

数えてみると前回からは10年とちょっとぶりでしょうか
信州広域小旅

以前は無かった山村を望むビューポイントとそこへと誘う山の径、そこには村人手作りの杖が置かれて
信州広域小旅

手作りといえば20分ほども歩く山際の径も村人みんなの手作りなのであって
信州広域小旅

急傾斜地に鉄骨で組んだビューポイントも下栗の村人お手製
信州広域小旅
元から急勾配に暮らす山の民、ここに暮らすお年寄り達は勾配地の土止め山道作りはお手のものなのだそうです

ビューポイントからの下栗の村全景です
信州広域小旅
ここは10数年前まで秘境マニア的な知る人ぞ知る的な、そんなところだったと思います

酷道152号の難所からさらに隔絶した傾斜30度超の離れ村には日本の原風景と謳われてるはずなのに
信州広域小旅
日本離れした凄みすら感じて「こりゃネパールだな!」と、、前回はそんな感想を持ちました

「引っ越し屋のCM」に使われ「ジブリの短編映画」になったり「千と千尋の神隠し」の構想元だったりしたのが
信州広域小旅
知れるにつれて観光地としてついに人気が、、、今では大型バスからマイクロバスに分乗した観光客が押し寄せて

なんとビューポイントまでの道のりははまさかの数珠繋がりなのでした
信州広域小旅
人気の紅葉時期と言うこともあるでしょうが、、以前には考えられないようなことが起こっているわけです

寒村に急激に人が押し寄せることがいい事なのかどうか、、ワタシにはわかりませんが

特筆すべきは今現在この観光地化を約50世帯の村人総出で請け負っているということであって
駐車場のおじいちゃんも蕎麦処のおばちゃんも道案内や車案内のおじちゃん達もみ〜んなして村人
これはなかなか見ない光景だな、そう思いつつも

現在押し寄せ中の海外からの旅人の一部は完全に好みそうなパーフェクトローカルロケーションでもあるし
近年は中京方面からの便利も多少良くなって、すでにキャパシティー越えは必至なのかと、、、

村人達が作った「素敵な観光地」そんなバランスのままいつまでいられるものか、、
人気が出ると目ざとく資本が入りレジャー施設にて開発、なんていつぞやのバカな事はもうしないと思いますが
いったいこの先どうなっていくのでしょうか?
ワタシタチの定点観測地として、また時期を見て来てみたいと思います

信州広域旅日記、、、やっと次回で終わりそうな、、 (^^ )


(Olympus E-5 E-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5 ED50-200mmF2.8-3.5 G20mm/F1.7)

年が明けました 

新年のご挨拶

今年もどうぞよろしくお願いいたします

信州広域小旅・part5 


前回の木曽谷から中央アルプスまたいだ隣谷の伊那谷へ
権兵衛トンネル抜けてするっとやって来ました

仙丈岳方面の景観ポイントです、甲斐駒と北岳を従えて天竜川河岸段丘越しにせり上がって見えます
信州広域小旅

この前日は依頼をいただいていた作品をお宅に収めたのち泊めていただいて一夜を語らいつつ杯を重ねました

アングルは作品と違いますがモチーフのお山、、柔らかな山容の経ヶ岳です
信州広域小旅

昨晩たいして量呑んだ憶えもないのですが、この頃はどうあれ十中八九しっかり残ります、、、
木曽谷の雨からうって変わって山見に絶好の快晴、ですが頭ガンガンでまったくやる気がおきません
大飲み助だった若いワタシを知る方が見たら酷い体たらくぶりなのかと思います

で、ぐったりしつつやっぱり新そば求めて駒ヶ根に来ました
信州広域小旅

こだわりのお蕎麦屋さん、飯田にあった店が駒ヶ根に移転した頃から訪れています
信州広域小旅

地元産そば粉の新そば、ここは盛り少なめですからこちらで大盛り
信州広域小旅
遠方から蕎麦通が押し寄せるような店はちょっと気恥ずかしくもあるのですが
細切りにもかかわらずコンニャクのような粘りがあって香り良く水の如き清涼も備えています

お蕎麦屋さんのすぐ近く、駒ヶ根の名刹光前寺です
信州広域小旅

石垣奥の暗闇でうっすら光る光り苔と霊犬早太郎伝説の印象なのですが、、、
17.12.24信州広域小旅-7

紅葉もなかなか
信州広域小旅

杉林に囲まれた境内には樹齢数百年の巨木も多く庭園全体が国の名勝指定とされています
信州広域小旅

早太郎伝説(日本昔ばなしでTV化)の霊犬、その早太郎のお墓だそうです
信州広域小旅

南信地方に唯一残る三重の塔は江戸時代の再建、県宝指定です
信州広域小旅

それにしてもこちら光前寺に来たのは何度目になるのでしょう
信州広域小旅

伊那谷からの天竜川沿いは中央アルプスと南アルプスに挟まれて在る希有な地形
山取材やスケッチを取るにはもうポイントだらけと言えるような美味しすぎる地形です
だから相当というか数え切れないほど伊那谷周辺には来ています

来るとあちこち定点取材ポイントを探っては、こちらの光前寺にも寄らせてもらっています
信州広域小旅

しかしなんとなく寄らせてもらったなんて言ったら
大変失礼では無かろうかと思うほどに、、やっぱり雰囲気のあるお寺なのです

さてこの日は単なる二日酔いということで1日早々に終わってしまいましたが
信州広域小旅

体調も戻るだろう明朝には早出して↑の山々の奥の方まで入ってみようと思います

備忘録気分で書いている信州広域小旅、、きっと次くらいで終わるはず、です (^^ )


(Olympus E-PL6 VARIO20mmF1.7 ZD14-54mmF2.8-3.5II SUMMILUX25mmF1.4)